第52回気象予報士試験 実技2 問3

第52回気象予報士試験 実技2 問3(1)

この雲の種類を問われたら選択肢が提示されなくても『積乱雲』と答えます。

その理由を20字で。
北上大の答え
『赤外画像で白く、団塊状の凹凸が観察できる。』(21字)

模範解答は
『明白色の塊状の雲域が連なっている。』(17字)

白い、明るい、白色、明白色、は、しばしば同じ意味の模範解答に使われているので、どれでも正解扱いになると思います。

文章は、その時の成り行きですね。

動画解説

実技2 問3(1)の動画解説

第52回気象予報士試験 実技2 問3(2)

地上風の分布の特徴を40字で。

文章にする前に、状況を整理します。
代表的な風向を矢印で示した通り、北西の冷たい風と南西の暖かい風がぶつかり、P-Q-Rの上にシアラインを形成しています。
こんなことを40字にまとめれば良いのです。

北上大の答え
『北西からの冷たい風と南西からの暖かい風がP-Q-R上でシアラインを形成している。』(40字)

模範解答
『帯状エコーの位置に南西風と北西風との明瞭なシアーラインが形成されている。』(36字)

風向だけを問われているのだから、冷たいとか温かいとかの温度情報は不要だったようですね。余計なことを書いたから減点されるかも…(;_;)

問われていない余計なことは書かないことです。

第52回気象予報士試験 実技2 問3(3)

850hPa面の前線位置を、等相当温位線集中帯の南縁付近と言うことで、345Kの相当温位線に赤いラインを引きました。

デバイダで比べてみると、前線~地点Qの長さは、北緯29°~北緯30°間の長さと同じでした。
つまり前線~地点Qの距離は、111kmです。

前線面の高度が1480mですから、1/A=1.48/111=1/75です。
A=75ですが、10の倍数との指定なので『80』が北上大の答です。

模範解答は『70』でした。

おやっと思って再度測定しましたが、やっぱり『75』ですね。
通常このような場合は、正解は『70(80)』と表記されるものですが、『70』しかないので、『80』は誤りにされるのかもしれません。

考え方と方法は間違っていないので、80が誤りとされたら仕方ないです。

第52回気象予報士試験 実技2 問3(4)

帯状エコーの南下速度を測定するために、エコーの最南端部分を目安に青色のラインを引きました。

東経129°に沿った帯状エコーの最南端部分の16時と18時の距離は80kmでした。
これは、北緯29°~北緯30°間の距離が111kmであることを基準にして、ものさしで測定した結果です。

80kmの距離を2時間で移動したのですから、平均速度は『40km/h』です。

ところが模範解答を見ると『45km/h』となっています。

模範解答に文句を言ってもはじまらないので、理由を探ってみると、おそらくこれが理由のようです。

7日18時の東経129°の帯状エコーの最南端を大きく拡大して見ると、129°線をしっかりまたいでいる部分と、西側から1ドットだけ接触している部分があります。
この距離が約10kmなので、速度計算結果が5km/h変化します。

つまり、しっかりまたいでいる部分を最南端とみなすと移動速度が40km/h
1ドットだけ接触している部分を最南端とみなすと45km/hになるわけです。

東京堂出版の解説書『模範解答と解説』でも40km/hとしているので、問題用紙から読み取ると専門家でも40km/hと答えてもおかしくないようです。

追記:
まるおさんから『16時の南端の位置が正しくないのでは』との質問を受けて、できるだけ正確に測定した結果をここに提示します。
公開されている問題(pdfファイル)の2枚の画像を重ねて、帯状エコーがドット単位で見えるところまで拡大して、画面上で4本の基準線を引きました。
青色=(北緯29°、北緯30°)
 赤色=(7日16時のエコー南端、18時のエコー南端)
これをA4用紙にプリントして長さを測定した結果が下図です。

北緯29°~30°の長さが261mmなので、ほぼA4用紙いっぱいであることが分かります。
2時間での移動距離をxとすると
x/197=111/261
x=83.8km
となりました。平均速度は、83.8/2=41.9km/hですから、
5km/h刻みにまるめれば、40km/hです。

これ以上精度での測定は無理です。

試験会場の問題用紙で、これほどの精度を求めるのは酷だし、仮に40km/hを誤りとされて、2点を失った人がいたとしたら気の毒ですね。

おそらく、40km/hでも正解にされていると思うわ。

第52回気象予報士試験 実技2 問3(5)

この問題は、実況チャートを読み取るだけなので簡単ですね。
チャートの抜粋を提示するだけで、解説は不要でしょう。

①前線到達前の風向

②最低気圧の時刻

③平均風速最小の時刻

④21時以降の風向

⑤30分間の気温低下量

解説動画のご案内

問3(1)に解説動画を付けていますが、他にも問1,問2、問3全部の解説動画があります。
サンプル動画をご覧になって、他の解説動画も見たい方はご利用ください。

恐縮ですが、めざてんサイトの運営費に当てるために有料設定(300円)にしています。
動画撮影に使用したスライドも同時に公開しています。
お支払いはクレジットカードになります。
リンクはこちらです。
⇒ 『実技2』の問1問2問3を全部まとめて300円

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする