第53回気象予報士試験 実技1 問1

第53回気象予報士試験 実技1 問1(1)

東北東 35ノット
これは、記事の数字を読み取るだけなので簡単です。

海上暴風警報 より 海上濃霧警報

③[SW]は、STORM WARNINGで『海上暴風警報』です。(48ノット以上)
④は、ちょっと悩むところですが、東の高気圧と西の低気圧に挟まれて、等圧線が南北に向いている状況から、『~よりの風か』と問われたら、南よりでしょうね。
⑤FOG[W]は、文字通りFOG WARNINGで『海上濃霧警報』です。(視程500m以下)

ない 上昇後下降 低く

⑥は下層雲があれば記載されているべきところが空白になっているのは、下層雲がないと言う意味です。
⑦は『への字』型のイメージが示すとおりで『上昇後下降』で、
⑧『への字』の始点と終点の位置の高さで比較します。

下降後上昇 低く

⑨は『逆への字』マークが示すとおりです。
⑩は『逆への字』マークの始点と終点の位置の高さで比較します。
⑩は、実は公的な基準では『低い』または『同じ』なので、『同じに』でも間違いとはいえませんが、この選択肢の中から、『同じに』を選ぶ理由が見つかりません。
普通なら『低く』を選ぶと思います。

寒気移流 暖気移流

⑪では、風を示す旗竿が低温側から高温側に向かって横切っているので『寒気移流』です。
⑫では、逆に風を示す旗竿が高温側から低温側に向かって横切っているので『暖気移流』です。

第53回気象予報士試験 実技1 問1(2)

鹿児島から遠ざかっていた。

3時間前の低気圧位置は、現在地から西南西に105海里(35ノット×3時間)です。
おおよそ上図の赤い星マークの位置です。
ここから、東北東に進むのですから、鹿児島から見ると『遠ざかっていた』ことになります。


この3時間の鹿児島の気圧の変化傾向は『下降後上昇』ですから、前半と言うと『3時間前に気圧が下降した理由を書け』ということになります。

①を含むじょう乱の移動は『低気圧が遠ざかっていた』のですから、通常なら気圧は上昇するはずです。
じょう乱が遠ざかっていたにも関わらず気圧が低下した理由とは・・・。

う~む、これは難しい。
低気圧が遠ざかったら、気圧は上がる(戻る)はずですが、逆に下がるとは。

低気圧の中で気圧が低いところは、当然低気圧の中心ですね。
もしも、低気圧が台風のように同心円の構造だったら、中心が遠ざかれば気圧は戻ります。

ん、待てよ。
温帯低気圧って同心円の構造ではありませんね。
代表的なのはこんな形。

そうなんです。
低気圧中心から気圧の谷が2本伸びているから、同心円状にならないんですね。

気圧の谷、つまり前線に着目すればいいようです。
そんな着眼点で問題文を読み返してみると
『なお,図1 では,⽇本海にある低気圧に伴う前線,および秋⽥と⿅児島の気圧変化量は記⼊されていない。』
なんて書かれていました。

間違いありません。
前線位置が重要なヒントになっているようです。

そこで、等圧線の形状を探りながら寒冷前線の位置を描いてみるとこんな感じですかね。
(青色の実線)
ついでに、3時間前の位置にずらして緑色の線を描いてみました。

寒冷前線が接近してきたから気圧が低下したに間違いありません。

そうと決まれば、50字にまとめるだけ。
ところが、これが案外難しい。

北上大の答え
『低気圧中心が遠ざかることによる気圧上昇に比べて、寒冷前線接近による気圧低下が大きいから。』(44字)
ちょっと文字数がたりないなぁ、『日本海の』でも追加するか。
『日本海の低気圧中心が遠ざかることによる気圧上昇に比べて、寒冷前線接近による気圧低下が大きいから。』(48字)

模範解答は
『低気圧の中心が遠ざかることに伴う気圧上昇量に比べ、寒冷前線の接近による気圧の下降量が大きかったため。』(50字)

まぁ、だいたい同じことを書いていますね。

巻末

解説動画のご案内

【第53回気象予報士試験 『実技1』 解説動画】(300円)

サイトの解説記事を作成した後に、改めて考察を加えて作成した詳細な解説動画です。
動画再生時間が1時間18分に及ぶ詳細な解説で、音声と動く画像で説明するので、理解力の差は圧倒的なものがあります。

動画の一部を公開しているので、無料サンプルだけでもご覧ください。

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする