第53回気象予報士試験 実技2 問2

第53回気象予報士試験 実技2 問2(1)

ショワルター安定指数(SSI)の作図は、解説の必要がないほどの基本中の基本です。

まず850hPaに目安になる横線を引きます。
(このラインは省略しても構いません)
目印になるように、500hPaにも横線を引いても結構です。

気温の実線と850hPaの交点から、乾燥断熱線に沿って線を引きます。
上の図では、青色で示した線です。

露点温度の破線と850hPaの交点から、当飽和混合比線に沿って線を引きます。
上の図では、紫色で示した線です。

青色と紫色の交点から、湿潤断熱線に沿って500hPaまで上昇させます。

作図は、以上です。

SSIの数値は、状態曲線の右側なので符号はマイナスになります。
値は1.5℃くらいなので迷いますが『SSI=-2℃』としました。

作図の成り行きでは、-1℃とする可能性もあります。
おそらく、救済処置として-1℃も得点になると思うのですが、実際のところは分かりません。

第53回気象予報士試験 実技2 問2(2)

全体の作図の様子は、下記のとおりです。
問1(1)のSSIと同じような作業手順になりますが、スタートが850hPa面ではなくて、地上から作図を始めます。

地上付近の作図の様子が下図です。
気温が25℃から立ち上がるのは問題ないでしょうが、
露点温度は、地上付近で21.5℃から18.5℃まで急変しています。
急変に惑わされすに、21.5℃から立ち上げます。

持ち上げ凝結高度の模範解答は『940hPa』ですが、私の作図では、何度試してみても『950hPa』にしかなりませんでした。
救済処置がなければ、減点になります。

自由対流高度は、模範解答と同じく『770hPa』でした。

平衡高度は『220hPa』です。

第53回気象予報士試験 実技12問2(3)

前問と同じく地上気温が25℃の作図ラインをオレンジ色で、30℃の作図ラインを青色で示します。

上の図から、『高く』『低く』『高く』なります。

状態曲線の読み方は、下図のような基本があります。
雲頂高度の目安はLNB、雲底高度の目安はLCLです。
また、対流有効位置エネルギー(CAPE)が大きいほど、対流抑制(CIN)が小さいほど、対流が起きやすくなります。

25℃と30℃の持ち上げ状況を比較すると次のようになり、青色で示した30℃の条件では、CAPEが大きく、CINが小さいので、対流が起きやすくなります。

したがって、『起きやすく』『高く』『高く』となります。

一般論として、上空の気温が変わらずに地上気温が上昇すれば、温度差が大きくなり大気は不安定になり、対流が起きやすくなることは容易に想定できますね。
巻末

解説動画のご案内(準備中)

完成したらここに案内を掲示します。

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする