第53回気象予報士試験 実技2 問1

第53回気象予報士試験 実技2 問1(1)

1006hPa』10ノット南東停滞前線』は天気図の文字や記号を読み取るだけですから、誰でも分かるでしょう。

風向はやや北からの成分もありますが、『おおむね』と形容詞を付けられたら『西』でしょうね。『西北西』も正解になっています。

はちょっと迷うところです。
『朝鮮半島は⑥K以上の高相当温位域になっている』
この文章で、朝鮮半島の中央部だけに乗っかっている345Kとすべきか、朝鮮半島ほぼ全域をカバーしている342Kとすべきか。

私は『342K』としたのですが、模範解答は『345K』でした。
もう一度問題文を見直してみたら『この前線付近の』との指定があるので、前線直下である『345K』のほうが適しているようですね。

は雲量の読み方ですが、8分割の場合の記号の読みは次のようになっていますから、『6』になります。

『巻雲』『高積雲』『積雲』は、それぞれ上層雲、中層雲、低層雲の記号ですから、見れば分かるはずです。
雲記号は、Wikipediaが詳しくて見やすいです。

『雷電』ですね。

の天気を雲記号にくっつけているのは理由があります。
雨とか雪とか降水があれば、雲記号の左側に表示されますが、なにも表示がないので降水はありません。
そうすると、晴れ(快晴)か曇りかになります。
晴れの基準は、雲量が2/8~6/8の範囲ですから、雲量が6/8の『晴れ』になります。

は赤外画像は写真ではなく、温度を示す『サーモグラフ』だということを理解していれば、簡単に分かりますね。
温度が低いところを白く表示する『サーモグラフ』なのです。
赤外画像で白いということは『温度が低い』のです。

は表現を迷いました。
積乱雲の状態を示すためにいろいろな表現が使われます。
『ゴツゴツしている』『団塊状である』『凹凸がある』『濃淡がある』『不均一』『影がある』など。
『⑭がみられる』に適合する表現はなんだろうか?
『凹凸』『濃淡』『不均一性』などどれでも良い気がしますが、正解は『凹凸』でした。

採点基準は分かりませんが『濃淡』で誤りされたら悔しいですね。

第53回気象予報士試験 実技2 問1(2)

1008hPaより気圧が低い部分をグリーンで、1012hPaより気圧が高い部分をブルーで色分けしました。

同じ色(グリーンとグリーン、ブルーとブルー)の間に別の等圧線は通りませんから、1010hPaの等圧線は、おおむね下図のオレンジ色のラインを通ります。

指定された1010hPa3点と、ヒントになる5つのポイントから近似点を探します。

上記の点をなめらかに結ぶと解答図になります。
解答は、破線で記入しなければなりませんので、注意が必要です。

第53回気象予報士試験 実技2問1(3)

当風速線の範囲を読み取って、強風軸が通る範囲を明確にします。
下図のように、80ノットと60ノットの範囲が見えてくるので、その稜線を結ぶ矢印をイメージします。

上でイメージした矢印をなめらかに結ぶと解答図になります。

第53回気象予報士試験 実技2問1(4)

①暗域P

暗域Pと強風軸の位置関係は次のようですが、この位置関係を30字でどう表現するか。
出題者は、何を求めているでしょうか。

一般的には、暗域と明域の境界(バウンダリ)のやや暗域側にジェット気流があるのですが、この場合は明域側に強風軸があるように見えます。

見えたとおりに書くしかありませんね。

北上大の答え
『強風軸は暗域Pのやや西側を北から南に走る位置にある。』(26字)

模範解答
『暗域Pは300hPa面の強風軸のすぐ東側を南北に伸びている。』(30字)

主語が違うけれども、主張している内容はほぼ同じですね。
ま、これでいいか。

②暗域Q

今度は、渦度場のどのようなところに位置しているかを40字で。

位置関係を図示すると次の通りです。
重要な課題は『渦度場のどのようなところ』ですね。

上図で見る通り、『正渦度域境界のすぐ北側に位置する負渦度領域』ですね。
40字にまとめると

北上大の答え
『暗域Qは500hPa面の正渦度域境界のすぐ北側を西北西から東南東に走行している。』(40字)
文字数がオーバーしたので、言わずもがなの『負渦度領域』は削除しました。

模範解答
『暗域Qは500hPa面の細長い正渦度域のすぐ北側を西北西から東南東にのびている。』
(40字)

細長い正渦度域』って、重要なキーワードかな?
でも、まぁ、こんなもんでしょう。

第53回気象予報士試験 実技2問1(5)

福島県の積乱雲は、暗域Pの東側にあります。
黄海の積乱雲は、暗域Qの南西側にあります。
共通点がみつかりません。

暗域の近くで積乱雲が発生する条件ってなにかあったかな?

300hPaの天気図に合わせてみました。

共通点と言えば、暗域の近くにあって、低気圧の張り出した部分かな。

これを20字で書くのはきついな。

北上大の答え
『暗域の近くで低気圧の張り出し部分にある。』(20字)

模範解答
『どちらの雲域も暗域に接している。』(16字)

う~ん、これはどう捉えれば良いんだろうか?
考えてみれば、積乱雲が発達するのは低気圧の張り出し部分にあるのは当たり前だしなぁ。
分からん。
巻末

解説動画のご案内

【第53回気象予報士試験 『実技2』 解説動画】(300円)

サイトの解説記事を作成した後に、改めて考察を加えて作成した詳細な解説動画です。
動画再生時間が1時間48分に及ぶ詳細な解説で、音声と動く画像で説明するので、理解力の差は圧倒的なものがあります。

動画の一部を公開しているので、無料サンプルだけでもご覧ください。

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かるひ より:

    北上さん

    いつもお世話になっております。
    問1(2)の気圧分布の作図の解説に、「前線通過では、低気圧の谷を意識して」と書いてありますが、この部分をもう少し詳しく解説して頂けますでしょうか。
    私は前線を跨ぐ部分はほとんど湾曲させずに書いてしまいました。
    よろしくお願いします。

    • 北上大 より:

      かるひさん、こんばんは。

      前線部分は周辺よりも気圧が低い、つまり『気圧の谷』になっているのです。
      だから、前線を通過するときに等圧線が屈曲します。
      寒冷前線を通る等圧線が分かりやすいですね。
      下図の左が寒冷前線を通る等圧線の正しいイメージで、屈曲しています。
      右のように、前線部分を等圧線が直線的に通過することはないのです。
      これと同様に、この問題の作図でも前線が低圧部分の気圧の谷であることを意識して屈曲させるのです。
      前線部の等圧線

      • かるひ より:

        北上さん

        ご返信ありがとうございます。
        たしかに前線の作図の時は意識しているにもかかわらず、等圧線の作図では抜け落ちていました。
        ありがとうございました!

  2. あじさい より:

    北上大様

    問1の(1)の13について教えてください。
    イラスト図解の気象学(専門知識編)のP112で輝度温度を勉強したのですが、ここで輝度温度と答えてしまうと誤りになるのでしょうか?
    基本的なことかもしれませんが、よろしくお願いします。

    • 北上大 より:

      あじさいさん、こんにちは。

      >ここで輝度温度と答えてしまうと誤りになるのでしょうか?

      採点基準が公開されていないので分かりませんが、わたしが採点者であれば『誤解答』とします。
      完全な誤りとは言えませんが、雲の性質を求めている質問に対して、計測手法の副産物である『輝度温度』を解答とすることに違和感を覚えます。

      例えて言えば、風速の大きさを問われた質問に対して、風車の回転数と答えているようなイメージでしょうか。

      • あじさい より:

        雲域についての問だから温度ということですね。
        スッキリしました!
        ありがとうございます。

  3. さらしか より:

    等圧線を記入する問題が不得意です。
    等圧線の記入については、動画で指導をいただいで、ある程度理解できています。
    問1(2)の作図で南側の実線が1012hpa、1本北側の実線が1008hpaというのが
    読み取れません。
    55回試験の実技2問1(2)でも同じような出題があり、東側の実線が1016hpa
    西側の実線が1012hpaというのをどのように読み取ったらよいのでしょうか。
    初歩的な質問かもしれません。
    よろしくお願いします。

    • 北上大 より:

      さらしかさん、こんにちは。

      法則(1)
       地上等圧線は4hPa刻みで表示しています。
      法則(2)
       太い実線は、20hPa刻みで表示しています。

      ですから、太い実線を探して、980、1000、1020のどれかを決めます。
      通常はこの範囲に入っています。

      問1(2)の場合は、大陸の低気圧998hPaの外側に太い実線がありますね。
      998hPaは低気圧中心の補助線の値ですから、この実線の数値ではありません。。
      この太い実線が1,000hPaです。
      ここから、4hPa刻みで数えましょう。

      1本北側の実線は、ここから2本目ですね。
      ということは、1000+4+4=1008hPaとすぐ分かります。
      さらに、その1本南側は+4hPaですから、1012hPaとなります。
      簡単ですね。

      55回試験の実技2問1(2)では、1000hPaも1020hPaも見つからないので、4hPa刻みの数値を探してそこから読み取ります。
      この図には、低気圧や高気圧の中心値としてたくさんの補助線があります。
      これに惑わされないで、1008、1012、1016を探しましょう。

      • さらしか より:

        北上大様。
        早速の返信ありがとうございました。
        53回実技2のほうは、太実線から見つけていくというのは理解できました。
        55回実技2の方は、2本の等圧線のなかにある2つの高気圧の値から
        東側(高圧側)は1016hpa以上であり、西側(低圧側)は1014hpa以下である、
        それを考慮しながら4hpaきざみの等圧線を見つけていく、
        そんな考え方でよろしかったでしょうか。
        すいません、よろしくお願いします。

        • 北上大 より:

          >2本の等圧線のなかにある2つの高気圧の値から
          東側(高圧側)は1016hpa以上であり、西側(低圧側)は1014hpa以下である、
          それを考慮しながら4hpaきざみの等圧線を見つけていく、

          この考え方で結構です。
          ともかく、基準になる4hPa刻みのラインをなんとかしてひとつ探してください。

          • さらしか より:

            北上大様。
            ありがとうございます。
            また事例を振り返りながら勉強を進めてまいります。

  4. もっさん より:

    いつもめざてんサイトで勉強させて頂きお世話になります。1点質問させて下さい。

    問1(2)等圧線作図問題なのですが、なぜ同じ色(グリーンとグリーン、ブルーとブルー)の等圧線の間を1010hPa補助等圧線が通らないのでしょうか。

    1008hPa等圧線同士または1012hPa等圧線同士の間で気圧の高い(低い)ところがあればそこに1010hPa補助等圧線が通るのではないでしょうか。

    日本海にある1008hPaの低気圧または千島近海にある1012hPaの高気圧の等圧線が閉じているので、周囲のどの方向にも1010hPa補助等圧線が通るのではないか、もし異なる等圧線が通らないのなら等圧線が閉じる必要が無いのではないかと考えてしまいます。

    等圧線作図問題についてうまくイメージが掴めず、時間がかかる割に間違えて減点してしまいがちです。考え方などをご教授頂ければ幸いです。

    • 北上大 より:

      もっさん、こんにちは。

      >問1(2)等圧線作図問題なのですが、なぜ同じ色(グリーンとグリーン、ブルーとブルー)の等圧線の間を1010hPa補助等圧線が通らないのでしょうか。

      当たり前のことなのですが、文章で説明するのは困難です。
      動画を作成して、ここに掲示しますから少し待ってください。

      • もっさん より:

        北上様
        ご返事ありがとうございます。動画作成まで頂けて大変恐れ入ります。お待ちしております。

    • 北上大 より:

      >問1(2)等圧線作図問題なのですが、なぜ同じ色(グリーンとグリーン、ブルーとブルー)の等圧線の間を1010hPa補助等圧線が通らないのでしょうか。

      動画を作成したのでご覧ください。

    • 北上大 より:

      >1008hPa等圧線同士または1012hPa等圧線同士の間で気圧の高い(低い)ところがあればそこに1010hPa補助等圧線が通るのではないでしょうか。

      上の動画で説明したように、1010hPaの補助等圧線を通すなら、『行って戻る』2本の等圧線が必要です。

      こうして描いた複雑な一筆書き等圧線は、問題の主旨に合致しないので『誤解答』とされるでしょう。

    • 北上大 より:

      >日本海にある1008hPaの低気圧または千島近海にある1012hPaの高気圧の等圧線が閉じているので、周囲のどの方向にも1010hPa補助等圧線が通るのではないか、

      前問と同じ答えになりますが、通すなら必ず2本通してください。

      >もし異なる等圧線が通らないのなら等圧線が閉じる必要が無いのではないかと考えてしまいます。

      閉じた等圧線は、孤立した突起(高気圧)あるいは凹んだ穴(低気圧)を示しています。
      このような小さな『山』や『窪地』が元になって気圧の変化が大きく動くことがあるので、無視してはいけません。

      • もっさん より:

        北上様

        動画を3回見て、
        孤立領域のでき方
        平面でなく立体的に
        線を引くのではなく1010hPaの板をはめ込む
        というイメージが解りました。

        自分は等圧線を「領域を分ける空中に引く線」と捉えていたのですが、動画で示して頂いたように「山の斜面に点を打つ」と考えると同じ値の等圧線の間に別の等圧線が入る場合は行って戻る2本の等圧線が必要なのがよく分かります。

        低気圧と高気圧を窪地と山のように立体的に考えて、自然な等圧線が引けるよう繰り返して作図問題に取り組んで理解を深めていきたいと思います。

        早速に長い動画で解説下さり、本当にありがとうございました。

  5. ミチ より:

    北上様
    ただ、等圧線を見るだけではなく全体を見て風の影響も考える必要があるということなんですね。一人ではそこまで考えが及びませんでした。わざわざ図まで作成いただきありがとうございました。大変勉強になりました。

  6. ミチ より:

    初歩的な質問ですみません。
    閉じた等圧線が天気図にある場合の気圧の読み方が分かりません。
     問1(2)で1012hPaの高気圧が北海道付近にありますが、その高気圧より南にある低気圧の中心気圧よりひとつ外側の等圧線の気圧が1008hPaだと、高気圧との気圧差は6hPaではなく、4hPaになってしまいます。気圧差は6hPaにならなくても問題ないのでしょうか。
     また、低気圧より南にある等圧線は何hPaになるのかが、分かりません。①高気圧を基準にして考えると、1012hPa+6hPaで1018hPaになりますし、②低気圧を基準にして考えると1008hPa+6hPaで1014hPa、③高気圧よりひとつ上の1006hPa等圧線を基準にして考えると1012hPaになります。閉じた高気圧と低気圧がある場合には、それを無視して考える③が正解で、低気圧下の等圧線の気圧は1012hPaとなりますか。

    • ミチ より:

      この疑問の関連で、問1(1)⑥の設問で、朝鮮半島にある等温位線が、何Kなのか分かりませんでした。

      • 北上大 より:

        >問1(1)⑥の設問で、朝鮮半島にある等温位線が、何Kなのか分かりませんでした。

        上から2番めの解説図(東西の緯線と青字で書いてある図)をご覧になってください。
        朝鮮半島のど真ん中にある等温緯線は『345K』です。

        • ミチ より:

          345Kと書いてあることは分かったのですが、342Kと345Kの間にあるのに、なぜ342Kでなく345Kになるのかが分かりません。
          今回は等相当温位線が太線なので、15K刻みの345Kだと分かるのですが、太線でない場合にはどのように数えたらいいのでしょうか。
          ご教授いただけると幸いです。

          • 北上大 より:

            等相当温位線
            この図の場合、朝鮮半島上で孤立した相当温位領域が345Kなのか342Kなのかを判断します。

            相当温位
            等温線を見慣れてくると、この図を見て、Bが不自然だと感じます。
            通常、こんな配置にはなりません。
            どのような経緯でこの孤立した領域ができたのでしょうか。
            孤立した温度領域が突然現れることはなく、通常は、半島形状の根本が切れて孤立した島が形成されます。

            では、孤立した島が形成される直前のAとBのの温度分布を想像してみましょう。
            おそらくこんな形状になっていたはずです。
            相当温位
            20ノットの西風に押されて、先端が尖った形状になるのが普通ですから、Bの形状はありえませんね。
            345Kの赤い線のくびれたところが切れて、温度領域が切り離されて孤立したと考えるべきです。

            このような推察から、孤立領域は、345Kだと判断します。
            実際は、こんな図を描かないで、頭のなかで瞬時に判断します。

    • 北上大 より:

      ミチさん、こんにちは。

      何か大きな勘違いをされているようですね。
      地上天気図の等圧線は4hPa刻み表現します。
      6hPaに拘る理由が分かりません。

      >気圧差は6hPaにならなくても問題ないのでしょうか。
      地上天気図の等圧線は4hPa刻みで表現しますから、4hPa差で問題ありません。

      >①高気圧を基準にして考えると、1012hPa+6hPaで1018hPaになりますし
      ここは、+6hPaではなく、1012hPa+4hPa=1016hPaになります。

      >③高気圧よりひとつ上の1006hPa等圧線を基準にして考えると
      1006hPaの線は描かれていません。

      >閉じた高気圧と低気圧がある場合には、それを無視して考える
      何を言おうとしているのか理解できません。

      • ミチ より:

        返信ありがとうございます。
        等圧線は4hPa刻みでしたね。何故か6hPa刻みだと勘違いしていました。
        解決しました。

    • 北上大 より:

      >閉じた等圧線が天気図にある場合の気圧の読み方が分かりません。

      最も内側で閉じた等圧線が、低気圧中心気圧です。
      但し、等圧線は4hPa刻みで描かれるので、中心付近の小さな閉じた等圧線が、実線であれば必ず4の倍数になります。
      中心気圧が1006hPaのように4の倍数でない場合は、2hPa刻みの補助線を点線で描写することがあります。

      その外側は、4の倍数のラインが4hPa刻みで描かれます。
      6hPaではありません。

  7. 堀内健史 より:

    お世話になります。素朴な質問です。
    等圧線の作図など場合、回答用紙に、見やすくするための色えんぴつ等の線を残してしまった場合、減点などはされますか?
    もちろん、答えとなる部分はえんぴつで濃く書くことを前提です。
    例えば、1008hPaに青、1012hPaに赤をうすく色鉛筆でひく程度の形跡です。

    特にこの第53回 実技2 問1(2)のように、回答用紙には条件の数値が書かれていて(問題用紙はA,B,Cなどの地点の表記のみ)回答用紙で直接考えたほうが速く、時間が短縮できると考えた場合は、回答用紙に直接書き込みながら考えることができたらと思っております。
    みなさんはどうされているのでしょうか。
    もし、回答以外の線が描かれている場合は減点になる、ならないをご存知でしたらご教授いただけたら幸いです。

    • 北上大 より:

      堀内さん、こんにちは。

      等圧線の作図など場合、解答用紙に、見やすくするための色えんぴつ等の線を残してしまった場合、減点などはされますか?
      もちろん、答えとなる部分はえんぴつで濃く書くことを前提です。
      例えば、1008hPaに青、1012hPaに赤をうすく色鉛筆でひく程度の形跡です。

      この質問に対する公式解答はこれですね。
      『解答は黒の鉛筆またはチャープペンシルを用いて、解答用紙の該当箇所に楷書で記述してください。
      他の筆記用具による解答は認めません。』

      この文章をどう解釈するかです。
      文字通りに解釈すれば、ルール違反として採点対象外とするのが普通です。
      .

      もし、解答以外の線が描かれている場合は減点になる、ならないをご存知でしたらご教授いただけたら幸いです。

      ルールをゆるく解釈しておまけ採点が認められるか、と言う質問ですが、実際の運用は公開されていないので分かりません。
      仮に、減点されないとしても、実際に採点を担当した人がこの場で『その程度なら大丈夫ですよ』なんて書くはずがありません。
      書いたとしても、そんな口が軽い人の話が信用できるはずがありません。
      .

      みなさんはどうされているのでしょうか。

      絶対にやりません。
      また、やらないでください。

      合否の採点に関わる厳格な問題ですから、本当に確認が必要なら(財)気象業務支援センターに直接お問い合わせください。

  8. あんぱん より:

    問1(2)において、佐渡~関東にかけての等圧線の閉じた領域が1008hPa以下の領域となることが理解できません。
    中心気圧が1006hPaならば、佐渡付近の閉じた領域は1008hPa以下、その次は1012hPa以下となるのではないでしょうか?
    基礎的な質問で申し訳ございませんが、宜しくお願いします。

    • 北上大 より:

      あんぱんさん、こんにちは。

      >中心気圧が1006hPaならば、佐渡付近の閉じた領域は1008hPa以下、
      >その次は1012hPa以下となるのではないでしょうか?

      低気圧中心のXを囲む小さな丸を気にしているのですね。
      この小さな丸は破線なので、4hPaごとの正式な等圧線ではありません。
      1006hPaを示す補助線なのです。
      ですから、この補助線を無視して、佐渡~関東にかけて閉じた等圧線は低気圧中心の1006hPaから1本目の1008hPaになります。

      • あんぱん より:

        北上さん
        早速のご回答ありがとうございます。
        破線であることに気がつきませんでした。