第49回気象予報士試験 実技1 問2

丸囲み数字は、機種によっては文字化けするので[1][2]を使います。

第49回気象予報士試験 実技1 問2(1)

問題の主旨を箇条書きにすると次の3点です。

  • 湿度の違いを述べよ
  • 逆転層とその高度に着目
  • 55字程度で述べよ

この観点で、チンタオと鹿児島の状態曲線を見てみましょう。

チンタオ

湿度は、全層で乾燥しています。
逆転層はありません。

鹿児島

明確な逆転層があります。
逆転層の高さは、620hPaでしょうか。
逆転層から下は湿潤です。

解答文

上記の状況をそのまま書けば良いのです。

チンタオでは全層で乾燥しており、鹿児島では620hPa付近に逆転層があり、その下では湿潤である。(48字)

記載すべき要求事項はすべて書いたと思うのですが、55字の指定に対して7文字足りません。

何が足りないのか思いつきません。
模範解答を見ると、チンタオの乾燥に『ほぼ』、鹿児島の湿潤にも『ほぼ』と『地表から』を付記していますが、これらが絶対に必要なのでしょうか。

6点の配点ですが、こんなことで減点されるのかな。
ワカンナイ(*´ェ`*)ゞ

第45回気象予報士試験 実技1 問1(2)

SSIの作図手順はこの記事をご覧ください。

SSIの作図

[1]
SSIの作図の基本ルールは、850hPaからスタートして、断熱的に500hPaまで上昇させるラインです。

チンタオと鹿児島の作図結果を示します。

鹿児島

説明のために、図の中の測定温度を記入しましたが、このように個別に数字を読むと小数点以下の誤差が拡大したり、単純な計算ミスの可能性があります。

ですから、実際の試験会場では、寸法をデバイダで取って、下辺の温度スケールで読み取るのが良いでしょう。小数点誤差やつまらない計算ミスが防げます。

それぞれ、図に示した数字を再掲するとこうなりました。

チンタオ 指数A=18℃、 指数B=9℃
鹿児島  指数A=20℃、 指数B=1℃

チンタオは模範解答ピッタリでしたが、鹿児島は1℃ずれていました。
しかし、正解の許容範囲でしたので一安心。

[2]
ショワルター安定指数の評価は、次のようになっています。

ショワルター安定指数値 予想される気象現象
+3以上 雷雨の可能性は低い
+1~+3 弱い雷雨があるかもしれない
激しい雷雨は予想されない
-3~0 激しい雷雨があるかもしれない
-6~ー4 激しい雷雨が予想される
-6以下 猛烈な雷雨が起こる可能性が高い

鹿児島の指数A(SSI)は20℃なので、大気は安定しているので『雷雨の可能性はひくい』です。
逆に指数Bは1℃ですから、大気はやや不安定です。

ここで、問題の趣旨を確認しておきましょう。

  • 九州付近に広がる降水予想と対応が良くないのは指標Aか指標Bか
  • その理由を図4(状態曲線)に基づいて答えよ
  • 図4では(1)「鹿児島では620hPa付近に逆転層があり、その下では湿潤である」に着目しなさい

九州付近では、こんな風に降水が予想されています。

指数Aでは大気は安定だと判断します。⇒雨が降るはずがない
指数Bでは大気はやや不安定だと判断します。⇒雨が降るかもしれない

どちらが対応が良くないかと問われれば、当然に『指数A』でしょうね。

 だって『指標A』では雨が降るはずがない
と判断しているのに、
雨が降ると予想しているのだから
『対応が悪い』
というしかないでしょう。

対応が良くない理由は、620hPa付近の逆転層によって、上層が乾燥したので500hPaのSSIでは正しい湿潤情報が表現できていないからです。

これを45字にまとめればよいのですが、過去に例がない問題だから表現に迷いますね。

こんな風に書いてみましたがどうでしょうか。

620hPa付近の逆転層より上層では乾燥しているので、正しい湿潤情報が表現できないため。(44字)

模範解答とは微妙に表現が違うけれども、言いたいことは同じなので、おそらく点数はもらえると思います。

[3]
これは、湿潤情報がきちんと表現できる高さという意味だから、誰が考えたって『逆転層』しかないでしょう。

って、模範解答を見たら『逆転層の下端』だって。
『下端』をつけないと減点されるのだろうか?ビミョ~

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする