Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/vst/kishoyohoshi.com/public_html/wp-content/plugins/styles/classes/csstidy/class.csstidy.php on line 854

やつはひも

logoyatuhimo

がき(10)もはたち(20)も三十(30)も、五十(50)八十(80)が食いものにする、雨が降ったらやつはヒモ

10歳のがきから20歳30歳の女盛りまで、雨が降ったら食いものにする50歳80歳の男たち、
奴らをヒモと言うのだ。

ヒモとは女性に働かせ、金銭を貢がせたり、女性に養われている情夫をいう。

男女の年齢の上下や年齢差は関係ない。
また、女性がそうする理由も特に関係ない。

婚姻関係にある場合は女性の稼ぎで生活していてもヒモと呼ばない。
髪結いの亭主というヤツだ。

時間雨量を基準にした雨の強さの階級表現を覚える呪文だよ。

時間雨量 雨の強さ 略称
10mm以上 やや強い雨 『や』から『やや強い』を思い起こす
20mm以上 強い雨 『つ』から『強い』を思い起こす
30mm以上 激しい雨 『は』から『激しい』を思い起こす
50mm以上 非常に激しい雨 『非常に』を『強い』につなげないで、順番から『激しい』に続けること
80mm以上 猛烈な雨 『も』から『猛烈な』を思い起こす


20130219goha

 「がきも、はたちも、さんじゅうも、ごじゅうはちじゅが」
と口ずさみながら(実際に声を出したらダメよ)問題用紙の隅に数字を5個縦書きにする。
これに続けて、「雨が降ったらやつはヒモ」を数字の横に書くと、出来上がり。
上のイラストの電話の爺さんがヒモになるとは思えないけど、ま、いいか。

・実技試験では、雨の強さの表現を求めることがあるので、覚えておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする