合格者分析


第39回合格者分析

第39回は受験者数が3711人と4000人を割り込み、合格者が150名と史上最少だった。
合格率は最低で、4.0%で、史上2回目の最低レベルだった。それだけ難しかったということだろう。
それを如実に表しているのが、合格基準だろう。
一般知識と実技試験では、合格基準を標準よりも甘くしているが、それでも合格率は4.0%だった。
・一般知識が9問以上と標準よりも2段階も甘い。(逆に言えば、問題が難しかったということか)
・専門知識は11問以上で、基準通り。
・実技試験は、65%以上と、標準の70%よりも5%ほど甘かった。

3月8日に発表された、第39回気象予報士試験の合格発表をグラフにしてみた。
第39回は台風の影響で、沖縄では再試験が行われた。
受験者数は3711人と4000人を割り込み、合格者が150名と史上最少だった。
合格率は最低で、4.0%で、史上2回目の最低レベルだった。

受験番号から、場所と免除状況が分かる。
受験番号の先頭の数字は場所を表しているようだ。
1=札幌、2=仙台、3=東京(2会場)、4=大阪、5=福岡、6=沖縄と見られる。
また、受験番号の2文字目は、学科免除状況だろう。
0は免除無しで全科目受験者、1と2は一般知識か専門知識の片方だけ免除、3は二科目とも学科免除で実技試験だけの受験者と見られる。
つまり、受験番号が、401234だとすれば、大阪で全科目受験者の1234番目の人ということになる。

各受験場所別の合格者数は次の通り。

場所 人数 % 20130308pls
札幌 8人 5%
仙台 14人 9%
東京 79人 53%
大阪 36人 24%
福岡 12人 8%
沖縄 1人 1%

受験番号から、全科目受験なのか、一部免除なのかを分類してみた。

免除科目 人数 % 20130308mrn
免除無し 17人 11%
片方免除 39人 26%
学科免除 94人 63%

一般知識、専門知識、」実技試験の全科目受験者、いわゆる一発合格者は、一割しかいない。
学科試験が2科目とも免除になり、実技試験一本に絞り込まないと合格は難しそうだ。

第40回合格者分析

第39回は受験者数が3613人で前回の3711人からさらに98人減った。受験者数が4000人を割るのが当たり前になりつつある。一方、合格者は170名で、合格率は4.0%から4.7%に回復した。
筆記試験の合格基準は、一般知識と専門知識は各々11問以上で、通常の基準通りだった。
通常通りというよりも、少々簡単だった印象である。

実技試験の合格基準は、58%以上と大甘チャンだった。
と、言うことは、ものすごく難しかったということの裏返しの表現である。
実技1が従来とは毛並みが違う問題なので、面食らった受験者も多かったと思う。
それに対して、実技2が従来並みの問題だったので、仮に実技2で70点を取れた人なら、実技1が50点以下の出来でも合格圏内に入ることになる。それほど、実技1が難しかったのだろう。


受験番号から、場所と免除状況が分かるのは、従来通りで、受験番号の先頭の数字は場所を表している。
1=札幌、2=仙台、3=東京(2会場)、4=大阪、5=福岡、6=沖縄である。

各受験場所別の合格者数は次の通り。

受験地 合格者数 比率
札幌 6人 4%
仙台 9人 5%
東京 109人 64%
大阪 32人 19%
福岡 9人 5%
沖縄 5人 3%
合計 170人 100%

 tokei40chiku

また、受験番号の2文字目は、学科免除状況である。
0は免除無しで全科目受験者、1は専門知識免除、2一般知識免除、3は二科目とも学科免除で実技試験だけの受験者となる。
tokei40kmok2

合格者の構成比率が、前回の第39回とはだいぶ雰囲気を異(こと)にしている。
免除なしと、一科目免除と、二科目免除がほぼ均等に、三分の一ずつに分かれている。
第39回は、一般知識が難しすぎたために、一般知識受験者に不利に働いたと思う。そのため、免除なし受験者にはとても厳しい結果となり、反対に学科免除の受験者に有利に働いたのだろう。
第40回は、実技1が異様に難しかったので、学科免除の恩恵があまり受けられなかった。
ということかな。
受験タイミングの運・不運ってあるよね。


『気象予報士受験者応援団』は気象予報士北上大が個人で運営しているサイトです。
「気象庁」および一般財団法人「気象業務支援センター」とは関係ありません。
記事中で使用している問題文は、一般財団法人「気象業務支援センター」に届けて了解を頂いております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする