第43回気象予報士試験 実技2 問4(動画解説付き)

第43回気象予報士試験 実技2 問4(1)

丸囲み数字は、機種によっては文字化けするので[1][2]を使います。

[1] 低気圧の中心を描け

この問題は、あまり悩まないで直感的に円の中心を描けばよいでしょう。
問題図に目見当で当てはまるような丸を描いて、その中心に罰印を書けばよいだけなので、こんな感じですね。

j43k2q4z01

ただし、正確に考えれば、北半球の低気圧の中心は、やや北西側に偏っていますので、こんな風に模範解答の位置になります。
j43k2q4z12

だけど、この辺のさじ加減は、なかなか難しいので、上の真円の中心でも正解になるんじゃないかと思いますが、どうなんでしょうか?

[2] 矢印を描いてみましょう。

20日22時の位置から、上の罰印まで矢印を引いてみましょう。
この矢印が、低気圧の移動軌跡になります。

j43k2q4z01b

移動方向は「東南東」ですね。
ここまでは、問題ありません。

次に、この矢印の長さを測って、移動速度を計算します。

地図の縮尺がわからないと、実際の長さが分かりません。
しかし、この図には長さのスケールや縮尺に関する情報が書かれていません。

こうなったら、緯度間の距離から推定するしかありませんね。

下図に示すように北緯30°~60°と、北緯60°~90°のように同緯度間の距離は、同距離になっています。

j43k2q4z03
緯度10°間の距離は、600海里ですから、1°間であれば60海里になりますね。

すると、こんなふうに解析されました。

わたしが回答した真円の中心位置で計算してみます。

j43k2q4z01c

わたしの手元に、実際に試験に使われた問題用紙があります。

これを測定したところ、上の図のように、北緯37°~38°の長さは、23mmでした。
また、矢印の長さは、17.5mmですが、この距離は、
17.5mm×(60海里/23mm)=45.7海里
となりました。

ノットは、(海里/hr)ですから、移動速度は45.7海里/2hr=22.85ノットです。
整数で答えよの指示なので、『23ノット』になりました。

ところが、模範解答は『20ノット』となっています。

上に説明した、中心位置を北西側に寄せるさじ加減が、3ノットの差になって現れた格好です。

「整数で答えよ」と言うことは、1ノット単位ですから、15mm矢印の長さの1/20の精度で答えるのですから、わずか0.8mmの違いを判別することを意味しています。

下の模範解答図で、[1]の低気圧中心の『×』印が、線の幅だけ横にずれたら、速度計算は間違いになってしまいます。

かなり厳しい精度を求める問題ですね。

第43回気象予報士試験 実技2 問4(2)

グラフを丁寧に読み取れば、間違うことはないでしょう。

[1] 「20日23時20分」 「999hPa」

j43k2q4z04

海面気圧が最も低くなった点を素直に読み取れば良い、簡単な問題です。

[2] 「21日0時30分」 「2m/s」

j43k2q4z07

南寄りの風が吹いている期間をピンクにマーキングをしました。
この期間で平均風速が最小となった点を読み取リます。

[3] 「21日1時50分」 「14m/s」

j43k2q4z08

北寄りの風に変わった後を水色でマーキングしました。
この期間で最初に瞬間風速が10m/sを超えた点。

第43回気象予報士試験 実技2 問4(3)

図7の予想では輪島の気圧は1006hPaでした。

j43k2q4z10

図11の実況では、同じ時刻の海面気圧は1001hPaです。

j43k2q4z09

この相違を15字で述べるのですが、15字というと、極めて簡単なことしか表現できません。

どうしても必要な言葉として、「実況」「予想」「。」で5文字を使いますから、残りは10文字しかありません。

例えば、「実況気圧は予想値より低くなった。」(16字)でどうだろうか。

模範解答は、「実況は予想よりも低い。」(11字)

案外そっけない答えでしたね。

第43回気象予報士試験 実技2 問4(4)

「気温急低下」+「湿度急上昇」

j43k2q4z11

これは、まったく分かりませんでした。
低気圧が通過するだけで、前線もないし、見当もつきません。

模範解答はこうなっていました。
「降水粒子の昇華・蒸発により大気の熱が奪われた。」

要するに打ち水の原理で、
夕立が降った後で、急に涼しくなる現象ですね。

まだまだ、奥が深いなぁ。

動画解説もご覧ください

模範解答

j43k2q4ans

j43k2q4ans2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まつたけ より:

    いつも参考にさせて頂いております。この問4(1)の低気圧中心なのですが、模範回答でも輪島の南になりますよね。図11のグラフによると21日0時の輪島の風向は南ー>西向きの風に変化しており、低気圧中心が輪島の北側にないと整合性が取れないように思われ、混乱しております。いずれにせよ、見た目で中心を推定するのは私にはハードルが高いです・・・

  2. 北上大 より:

    まつたけさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    図11の風向変化については時計回りですから、ご指摘の通り低気圧通過の右側に輪島がなければ整合性がとれないですね。

    問4(1)の低気圧中心については、気象業務支援センター発行の問題と正解をみると、図12上の螺旋と中心の位置関係がヒントである、これを模して螺旋中心のやや上に偏位させた点を描くようにと解説されていました。
    ここで争っても仕方ないので、こういうものだと受け止めるしかありません。

    • まつたけ より:

      北上さん、お返事ありがとうございました。なるほど、20日22時の図と同じように中心からずらすのがコツなのですね。解説ありがとうございました。