第45回気象予報士試験 実技2 問1(動画解説付き)

第45回気象予報士試験 実技2 問1(1)

丸囲み数字は、機種によっては文字化けするので[1][2]を使います。

基本的な天気図穴埋め問題です。
当然、全問正解を目標にしましょう。

[1]「1004」hPa
1012hPaの等圧線から低圧側に2本目なので、1012-8=1004です。

[2]海上「強風」警報
[GW]はGale Warningで、海上強風警報です。
海上と警報は問題文にあるので、解答は「強風」だけにすること。
フルに「海上強風警報」と書くと間違いにされますよ。

[3]海上「濃霧」警報
FOG[W]は、「海上濃霧警報」なので、解答は「濃霧」だけですよ。

j45k2q1z01

[4]「1020」hPa

高気圧の中心気圧は、特に表示されていない場合は、閉じた等圧線の最も内側で閉じた等圧線の値とします。
この図の場合は、1012hPaから高圧側に2本目なので、1012+8=1020になります。

j45k2q1z02

[5]「積雲」
[6]「高積雲」
[7]「弱い」
[8]「1」
[9]「2.3」

鹿児島の地上天気記号の意味は次の通りです。

過去天気対象時刻
(1)日本時間の 03、09、15、21時には観測時刻の前6時間に起こった現象
(2)日本時間の 06、12、18、24時には観測時刻の前3時間に起こった現象
出典:理科年表オフィシャルサイト

[10]「弱い」

名瀬の地上天気記号の意味は次の通りです。


 

第45回気象予報士試験 実技2 問1(2)

地上天気図に、850hPaの等温線を書き込みました。
実際の試験では、トレーシングペーパーを活用してください。

j45k2q1z05

対応する等温線は、地上前線よりやや北側に位置しますから「15」℃であることが明らかですね。

第45回気象予報士試験 実技2 問1(3)

300hPaの天気図の50ノット以上の風に矢印の色を付けてみました。
強風軸は、等高度線にほぼ沿うことと、
矢印の分布を考慮すると
薄いブルーと薄いグリーンで示した2つの強風軸が見えてきますね。

北側(ブルー)が寒帯前線ジェット気流で

南側(グリーン)が亜熱帯ジェット気流に相当します。

ここに、地上低気圧の位置を赤い星印で示すとグリーンに重なります。

j45k2q1z06

★2016/4/20追記★

パカパカパンツさんからの指摘で、等風速線が表示されていることを教えられたので、80ノットの強風領域に濃いブルーと濃いグリーンで着色してみました。

こうしてみると、わたしが描いたブルーの強風軸はまぁまぁ合っていますが、グリーンの強風軸は東経110°~120°では、もう少し北側のようですね。

地上の低気圧の位置では、ぴったり一致していました。

300hPaの強風軸では、矢羽だけではなく、等風速線にも注意が必要です。

問題文の「地上の低気圧は、」に続ける言葉は
「強風軸と重なる。」
「強風軸と鉛直上で一致する。」
など、いくつか思い浮かびますが、どれでも良いと思います。

問われてもいないのに、「亜熱帯ジェット気流と重なる」などと書くのは、やり過ぎです。
間違いではないけれども、加点されることもないので、最小限表現に留めましょう。

模範解答は「強風軸の真下にある。」でした。

第45回気象予報士試験 実技2 問1(4)

[1]

j45k2q1z07

図のように、トラフ位置は、東経「122」°付近になります。

[2]

j45k2q1z08

上の図のような位置関係になります。
これを25字で表現するとこうなりました。
「850hPaの低気圧は、地上低気圧の北西側にある。」(25字)

模範解答は
「地上の低気圧の北西に850hPaの低気圧がある。」(24字)

文章表現がややが違いますが、同じ意味なので正解でしょう。

[3]

低気圧の盛衰:「発達する」としましたが、
模範解答では「発達が予想される。」となっていました。

根拠:
北上大の答え「低気圧の軸が上層ほど北西側に傾いているから。」(22字)

模範解答「気圧の谷の軸が上方に向かって西に傾いているため。」(24字)

そうか、「低気圧の軸」と書いていて、なんか気持ちが悪かったんだけど、一般的な表現は「気圧の谷の軸」でしたね。

 

模範解答

j45k2q1ans

動画解説(13分22秒)

解説で、過去天気が『前3時間』と説明しています(図も)が、『前6時間』の誤りです。
申し訳ありません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. パンパカパンツ より:

    北上 様
    いつも解説を大変参考にさせていただいています。

    45回実技2問1(3)の300hpa強風軸の解析ですが、
    今回1月の試験では、私も矢羽で強風軸を想定しましたが
    回答とは違ってもう少し緯度の高いところを解析したため正解ではありませんでした。
    後日、良く見ると300hpa天気図に80m/sの等風速線の強風軸があることに気づきました。
    当日はこの等風速線が眼に入りませんでした。(勉強が足りませんね)
    これをもとに地上低気圧を比較すると「強風軸の真下」との正解が導き出せると思いますが、北上 様のご見解はいかがでしょうか?

    既出問題 第43回実技1問1(2)の強風軸の解析の問題をやり直していて気がつきました。

    また、第44回実技2問2(1)の解説で渦度最大値が「+298×10 6/s」となっていますが 「+298×10-6/s」ですね!

    • 北上大 より:

      パンパカパンツさん、ご指摘ありがとうございます。

      このような指摘は、わたしに対してよりもこれから受験する人たちにとって大いにプラスになるので、気づいた点は遠慮無く教えて下さい。

      強風軸の解析では、いつも矢羽にばかり集中して等風速線に気が付かないことが多いです。

      正直なところ、この問題でも気付いていませんでした。
      指摘を受けて、
      急遽、ブルーとグリーンで80ノット以上の強風域に着色してみました。

      幸い、わたしの描いた強風軸は、解答に直結する地上低気圧付近では正しかったのですが、東経110°~120°では少し南にずれていましたね。

      第44回実技2問2(1)の単位の間違いは直ちに訂正しました。
      お恥ずかしい限りです。m(_ _)m

  2. 通りすがりの予報士試験を勉強している者 より:

    予報士試験を勉強している者です。
    地上天気記号について確認です。
    過去天気の部分で、「過去3時間の天気は・・・」とコメントされています。
    この問題で示されている地上天気図は9時(日本時間)の天気図なので、
    SYNOPの地上実況気象通報式より、観測時前6時間となると思うのですが、いかがでしょうか。
    3時間となる場合は、12時、18時、03時(日本時間)の天気図の場合で確認しています。

    • 北上大 より:

      通りすがりの予報士試験を勉強している者さん、

      ご指摘ありがとうございます。
      指摘の通りこの場合は前6時間です。
      ただし、貴文中の03時は前3時間ではなく、前6時間だと思います。

      下記のように定められています。
      (1)日本時間の 03、09、15、21時には観測時刻の前6時間に起こった現象
      (2)日本時間の 06、12、18、24時には観測時刻の前3時間に起こった現象

      直ちに本文を訂正します。
      試験前に混乱させて申し訳ありませんでした。

      • 通りすがりの予報士試験を勉強している者 より:

        コメントありがとうございます。修正されたことも確認しました。
        3時については、北上大さんのご指摘通り、前6時間ですね。失礼しました。
        理科年表のサイトにも記載されているのですね。
        当方確認したページは、気象庁の気象通報式ページです。
        https://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/tsuhoshiki/tsuhoshiki.html
        ここにある、国際気象通報式第8版 第23号(2018年12月12日)[PDF形式:7.9MB]の
        P22の「12.2.6.6.1」項を参照しました。参考までに。

        • 北上大 より:

          通りすがりの予報士試験を勉強している者さん

          ご連絡ありがとうございます。
          すごいマニアックな資料を参照されたのですね。
          これは、探せませんでした。
          後でゆっくり見てみたいと思います。
          ありがとうございました。