第46回気象予報士試験 実技1 問5

第46回気象予報士試験 実技1 問5(1)

この問題は、36時間と48時は、図7下と図8下から写し取れば良いので悩みませんよね。

分からないとパニックになるとしたら、12時間と24時間がどこだろうってことかな。
これは。図1をみれば分かります。

j46k1q05z01

見てしまえば、なんてことはない。
図1の予報円が、12時間後と24時間後の予想位置なんです。

大体の見当で、予報円の中心付近にx印をつければ、大丈夫です。
作図結果は、下の模範解答をご覧ください。

第46回気象予報士試験 実技1 問5(2)

中心気圧は、図7下と図8下の等圧線を読み取るだけの問題です。

j46k1q05z02

36時間後は、992hPaの表示がある線から2本内側なので、992-8=「984」hPaです。

48時間後は、984hPaの表示がある線から2本内側なので、984-8=「976」hPaです。

途中の気圧値は表示されていないことも多いので、1000hPaの太線からの本数で数える癖をつけておくと、計算も楽だし紛れ(つまらないミス)が減ります。
これに慣れてくると、計算しなくても1000hPaからの混み具合で直感的に気圧値が感じられるようになります。

ちなみに1000hPaから数えると

36時間後は、1000hPaの太線から4本内側なので、992-16=「984」hPaです。
48時間後は、1000hPaの太線から6本内側なので、984-24=「976」hPaです。

当たり前だけど、同じ答えが得られます。

第46回気象予報士試験 実技1 問5(3)

丸囲み数字は、機種によっては文字化けするので[1][2]を使います。

j46k1q05z03

[1]等圧線形状の変化を35字で。

図1は、ほぼ同心円状ですね。
図8は、円形がくずれて『じゃがいも』のようになっていますが、この形をどう表現したものか。

北上大の答えは
「図1の台風はほぼ同心円形状だが、図8は円形が崩れて南北に長く伸びる。」(34字)

模範解答は
「円形の等圧線が南南西から北北東方向を長軸とする楕円形に広がる。」(31字)

このじゃがいもの形を『楕円形』と言い切ることに違和感を覚えますね。
楕円形じゃないだろう!

うん、『そら豆型』がいいな。

また、単純に『南北』では、許してもらえないようですね。
『南南西から北北東』って、文字数使い過ぎじゃね?

たまたま合格したと言っても、私は、この辺の言葉の選び方のニュアンスが掴みきれていません。
これから受験する皆さんは、私のように妙な反発をしないで、素直に模範解答のような文章が書けるようにセンスを磨いてください。

[2]等圧線間隔の図1と比較した特徴を20字で

図1は等圧線間隔が全周で狭い
図8は北側で狭く、南側で広い

北上大の答えは
「図8の等圧線間隔は北側が狭く南側が広い。」(20字)

模範解答は
「中心の北側は密だが南南西側は疎となる。」(19字)

おっと、これはやられましたね。
「狭い、広い」を「密と疎」で処理して、節約した文字数で南南西を作り出したのですね。
参りました。m(_ _)m

第46回気象予報士試験 実技1 問5(4)

24時間後の予想と48時間後の予想気温分布図に着色しました。

j46k1q05z04

21768この試験のテーマは台風の温帯低気圧化だから、
この問5(4)では、
台風特有の『暖気核が崩壊する様子』を描写させることが
メインの目的だと気づいてね。

24時間後は不明瞭ながらも、暖気核が形成されています。

一方、48時間後は、暖気核は崩壊して、寒気が低気圧中心に近づいています。

この様子を25字で述べればよいのですが、『暖気核崩壊』は外せませんね。

北上大の答え
「低気圧上層の暖気核が崩壊して寒気が近づいている。」(24字)

模範解答
「中心の暖気核が崩れ、南西側の高温域と連なっている。」(25字)

暖気核の崩壊に触れている点では合格だが、「寒気が近づいている」は気温分布の特徴にあたらないのでしょうか。
どう採点されるか分かりません。

第46回気象予報士試験 実技1 問5(5)

南東側と南西側の風の特徴を強調しました。

j46k1q05z05

217707温度移流を意味する定番の書き方があります。
それをしっかり覚えておきましょうね。それは、風が等温線と交差する現象です。

北上大の答え
「等温線と交差する風が南東側では南から、南西側では北から吹いているおり、それぞれ暖気移流、寒気移流である。」(52字)
と書きたいのですが、文字数がオーバーなので圧縮します。

「南東側は強い暖気移流、南西側は寒気移流である。」(23字)
文字数制限でこの程度しか書けないけど、どうなのでしょうか。

模範解答
「南東側は暖気移流、南西側は寒気移流となっている。」(24字)

なぁんだ、これでいいんだ。

第46回気象予報士試験 実技1 問5(6)

台風の構造と勢力の変化ですか。
台風の温帯低気圧化に関して述べよ、ということですね。

(1)~(5)のポイントをひと言で書いてみましょう。

  • (1)北東進しつつ速度が速まる
  • (2)中心気圧は960hPaより弱まるものの、36時間後より48時間後が低い
  • (3)等圧線の円形が崩れて、勢力範囲は「そら豆型」に南北に伸びる
  • (4)上空の暖気核が崩壊する
  • (5)南東で暖気移流、南西で寒気移流が強まる

構造の変化は、台風の円形構造が崩れて、温帯低気圧に変化することを表しています。
勢力の変化は、中心気圧は一旦弱まるものの再び低下して、勢力範囲は拡大する。

こんなところでしょうね。

さて、30字にまとめると
「暖気核が崩れて台風の円形構造を失うが、勢力範囲は拡大する。」(29字)
熟慮して書いた文章がこれだが、

模範解答は、
「台風は勢力が弱まった後、温帯低気圧に変わって再発達する。」(28字)

えぇ~~、こんな、総論的なまとめでいいのかなぁ。

先のまとめに書いたように、すべて理解していることですが、
温帯低気圧の用語は一度も使っていないのに、ここでいきなり持ち出して良いのでしょうか。

この試験では、与えられた条件や用語だけを駆使して答えるものだと思っているのですが・・・。

やっぱり、センスが悪いのかなぁ。

模範解答

j46k1q05ans

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 加瀬 充彦 より:

    こんばんは。はじめてコメントさせていただきます。気象予報士試験を1月に受験予定です。現在57歳ですが、これまでに通信添削や講習会にもいろいろ参加していますが合格できていません。インターネットで偶然に北上さんのサイトを見つけました。大変すばらしいです。特に過去問題の解説がとても役立っています。もっと早くから知っていれば良かったと思っています。お願いなのですが、平成25年第1回(第40回)実技1・2の解答を教えていただけますでしょうか。可能でしたらよろしくお願いいたします。

    • 北上大 より:

      加藤さん、あけましておめでとうございます。

      過去3年間より古い問題は、気象業務支援センターの指導にしたがって、一般公開をしていません。
      真摯な受験生に限って、閲覧可能にしています。

      古い過去問請求は、『過去問閲覧請求』から登録してください。
      ⇒ http://kishoyohoshi.com/page-1293/requestq.html

      試験日が近づいてきました。
      がんばってくださいね。

  2. 山口徹也 より:

    いつも拝見させて頂いています。
    問5(1)の24時間後の予想位置は予報円の中心ではなく、問4で検討した9時の位置 北緯31.4度 東経130.5度になるのだと思います。問4で答えさせた予報円の中心より東寄りですね。

  3. 北上大 より:

    山口さん、コメントありがとうございます。

    問題文を正しく読むと、『中心の予想位置』を記入せよとなっています。
    問4で答えたのは『実況位置』なので、問題の趣旨に適合しません。

    ある意味では、ひっかけ問題とも言えるかもしれませんね。

    気象業務支援センター発行の問題と正解には、次のように記載されていました。
    =====
    なお、設問は「予想位置」であるから、13日9時の位置として問4(1)で求めた実況の位置(31.4N130.5E付近)を記入してはならない。
    =====

  4. 山口徹也 より:

    北上大さん、ありがとうございます。勘違いしました。おっしゃる通りです。失礼しました。山口