第50回気象予報士試験 実技1 問1

第50回気象予報士試験 実技1 問1(1)

丸囲み数字は、機種によっては文字化けするので[1][2]を使います。

21770

これは基本的な天気図穴埋め問題ね。
特に海上警報は伝統的な定番問題だから、全問正解しなくちゃダメよ。
1問1点だけど、全問で12点も稼げるのよ。

こんなところで取りこぼしをするようでは、合格は無理だわ。
絶対に間違えちゃダメよ!!

[1]東北東」矢印の方角を読み取ります。
緯度が高いので、経線と緯線が傾いています。
紙面に対して水平・垂直ではないので、角度に気をつけてください。
天気図の矢印が短いので、上図のような補助線で矢印を伸ばすと見誤りが減ります。

[2]「25」ノット。数値を読み取るだけの作業です。

[3]海上強風」警報。[GW]はGale Warningで「海上強風警報」の記号です。
[4]「34」ノット。 [5]「48」ノット。
『風が強くてにやけた三枝が』の語呂合わせで覚えておきましょう。

[6]「海上濃霧」警報、FOG[W]は海上濃霧警報の記号で、常識です。
[7]「0.3」海里。海上濃霧警報の発表基準は500メートルと覚えているはずです。
500mの選択肢がないと慌てないでください。
求められている単位は、メートルではなく海里ですよ

海里に換算すると、500m/1852m=0.27海里になります。
与えられた選択肢から選ぶと「0.3」海里ですね。
『海上濃霧明日までには五里霧中』の語呂合わせで覚えておきましょう。


[8]「5」下層雲量の数値を読み取るだけです。

出典:気象庁 国際式の天気記号と記入方式


出典:Wikipedia 地上天気図

[9]「層」雲または「積」
下層雲だから、層雲、積雲、層積雲、積乱雲から選ぶことになります。
さすがに、積乱雲は分かるでしょうから、残り3つから適当に解答すれば、ほぼ正解になります。

出典:Wikipedia 地上天気図

[10]「乱層」
問題文で「高層雲」が挙げられているので、解答は「乱層雲」になります。

出典:Wikipedia 地上天気図

[11]「弱い」 [12]「ない」

 

第50回気象予報士試験 実技1 問1(2)

この問題は、強風軸の解析が80%、文章表現力が20%くらいの配分ですね。

まず、300hPaの強風軸の解析をします。
強風軸の解析については、風速の等速度線分布矢羽の配置等高度線を参考にします。


等速度線の分布はこんな状況です。
80KTのピークに注目しつつ、60KTの広がりの形を把握します。


50KT以上の矢羽を矢印で表示してみました。
なんとなく流れが見えてきますね。


地衡風なので、基本的には等高度線に沿った流れになります。
完全に一致はしないまでも、参考にすべきラインが示されます。

以上の要素を総合的に判断して、このような図を想定しました。
最大のポイントは、80KTの強風域分布を通すことです。

茶色のラインが想定した強風軸で、赤い星が地上低気圧中心の位置です。

強風軸と地上低気圧位置がほぼ一致している様子が伺えますね。
ここまでできれば、80%完成です。

この様子を25文字の文章にまとめます。
注意すべきは、問題文で指定された単語を使うことです。
つまり、『地上低気圧の中心』『強風軸』です。
これを『低気圧位置』とか『ジェット気流』などと表現するのは好ましくありません。

また、これまでの気象業務支援センターの解答例を見ると『ほぼ』を付けるのが常套手段のようなので、これも外せませんね。

以上を踏まえて、25文字にまとめればこんな風になりますね。
北上大の解答案
強風軸地上低気圧の中心は鉛直上にほぼ重なっている。』(26字)
模範解答
地上低気圧の中心強風軸ほぼ真下に位置している。』(25字)

地上低気圧と強風軸の上下の位置関係を表現しているので、模範解答の方が優れているとも言えますが、北上大の解答でもきちんと表現できていると思います。

必須用語が『地上低気圧の中心』『強風軸』『ほぼ』で13文字です。
25文字といえば残り12文字しかありませんから、表現内容は限られています。

第50回気象予報士試験 実技1 問1(3)

日本海における低気圧中心といえば、だいたいこの辺りです。


この部分を中心に風向温度移流を調べます。

図3で風向の情報は矢羽しかありませんから、この領域の矢羽をピックアップしてみましょう。

判断しやすいように、南側から北方向に吹く風を赤色で、北側から南方向に副枷を青色に着色しました。

地上低気圧の東~南東~南側で南寄りの風が吹いていることが分かります。
この方向を『低気圧の南東象限』とか『低気圧の進行方向』あるいは『低気圧の前面』などと言いますが、状況に応じて使い分けます。

逆に、地上低気圧の北~北西~西側で北寄りの風が吹いていることが分かります。
この方向を『低気圧の北西象限』あるいは『低気圧の後面』などと言いますが、状況に応じて使い分けます。

これで、風向の状況が分かりました。

次に温度移流の状況です。

温度移流を判断する場合にしばしば観察されるのが、等温線をまたいで交差する風が吹く現象です。
暖気側から寒気側に風が吹けば『暖気移流』
逆に、寒気側から暖気側に風が吹けば『寒気移流』
と判断できます。

地上低気圧付近の2本の等温線(15℃と18℃)を書き加えて、分かりやすいように、等温線から離れた矢羽を消しました。

上の図を見ると、南寄りの赤い矢印は暖気側から寒気側に交差しており『暖気移流』、北寄りの青い矢印は寒気側から暖気側に交差しているので『寒気移流』であることが観察されます。

これで、問題文「風向と温度移流の状況を40字程度で述べよ」に対する、資料が整いました。

整理すると
風向:『低気圧の南東象限』または『低気圧の進行方向』あるいは『低気圧の前面』では、南寄りの風が吹いており、逆側では北寄りの風が吹いている。
温度移流:南寄りの風領域では「暖気移流」、北寄りの風領域では「寒気移流」となっている。

発達中の温帯低気圧の決まりパターンですね。

これを、40字で表現すればよいのですが、悩むのは領域の表現です。

『低気圧の南東側、北西側』でも良いと思いますが、問1(1)で進行方向と移動速度を答えさせているので『低気圧の前面、後面』が、より適切だと思います。

北上大の解答案
『低気圧前面では南寄りの風が吹き暖気移流であり、後面では北寄りの風が吹き寒気移流である。』(43字)
模範解答
『低気圧の前面では南西風が吹いて暖気移流があり、後面では北風による寒気移流がある。』(40字)

この風向きを『南西風』『北風』と言い切ってしまうのは、ちょっと勇気がいるなぁ。
こんなときは、『南寄りの風』とか『北寄りの風』という具合にちょっと濁すものだけど。

動画解説

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする