第50回気象予報士試験 実技1 問5

第50回気象予報士試験 実技1 問5(1)

問題文から次の部分を抽出すると自然に答えが浮かび上がります。

  • 風の強まり
  • 露点温度の低下(空気の乾燥)
  • 気温が急激に上昇
  • 空気塊が山を超えて
  • この現象名

これだけの証拠を揃えられたら、『フェーン現象』しかありませんね。
あまりにも簡単すぎるので配点は1点です。

そもそも、気象予報士の試験において『~~現象』の名がつくのは、ほぼ『フェーン現象』に限られます。

強いて言えば、ヒートアイランド現象、ブロッケン現象がありますが、状況がまったく違うし、ここで『フェーン現象』が出てこないようであれば、ゼロからの勉強をやり直したほうが良いでしょう。

第50回気象予報士試験 実技1 問5(2)

①最高高度
『2時の気温に着目して』と書かれていますが、気温情報がないので戸惑った人が多いと思います。

実は問5(1)の問題文に『1時から2時にかけ湿度100%』が気温情報なのです。
湿度100%のときは『気温=露点温度』ですから、2時の気温は21℃という訳です。

さて、エマグラムでどう考えたら良いのか。

フェーン現象で富山に降下する前の空気塊は、気温21℃で湿度100%でした。
富山で露点温度が最低を示すのは、15時で15℃です。
つまり気温21℃湿度100%の空気塊が、露点温度15℃まで乾燥されて富山に降下したのです。

逆に考えれば、気温21℃で露点温度15℃の空気塊を持ち上げて凝結させるのに、どこまで上昇するかを考えれば良いことになります。

作図の具合で多少のズレは生じますが、この図では770hPaになりました。
50hPa刻みで求められているので、解答は『750』hPaになります。

②作図
前問で最高到達点が分かったので、そこから乾燥状態で地上に下ろしたときが気温が最大になります。
これより高くなる可能性はありません。

③想定される最高気温
上の図から、気温を読み取って『34』

第50回気象予報士試験 実技1 問5(3)

フェーン現象といえば、乾燥でしょう。
真夏なら、高温注意報もあるかも。

2つと言われたら「乾燥注意報」「強風注意報」でしょうね。

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする