第50回気象予報士試験 実技1 問5

第50回気象予報士試験 実技1 問5(1)

問題文から次の部分を抽出すると自然に答えが浮かび上がります。

  • 風の強まり
  • 露点温度の低下(空気の乾燥)
  • 気温が急激に上昇
  • 空気塊が山を超えて
  • この現象名

これだけの証拠を揃えられたら、『フェーン現象』しかありませんね。
あまりにも簡単すぎるので配点は1点です。

そもそも、気象予報士の試験において『~~現象』の名がつくのは、ほぼ『フェーン現象』に限られます。

強いて言えば、ヒートアイランド現象、ブロッケン現象がありますが、状況がまったく違うし、ここで『フェーン現象』が出てこないようであれば、ゼロからの勉強をやり直したほうが良いでしょう。

第50回気象予報士試験 実技1 問5(2)

①最高高度
『2時の気温に着目して』と書かれていますが、気温情報がないので戸惑った人が多いと思います。

実は問5(1)の問題文に『1時から2時にかけ湿度100%』が気温情報なのです。
湿度100%のときは『気温=露点温度』ですから、2時の気温は21℃という訳です。

さて、エマグラムでどう考えたら良いのか。

フェーン現象で富山に降下する前の空気塊は、気温21℃で湿度100%でした。
富山で露点温度が最低を示すのは、15時で15℃です。
つまり気温21℃湿度100%の空気塊が、露点温度15℃まで乾燥されて富山に降下したのです。

逆に考えれば、気温21℃で露点温度15℃の空気塊を持ち上げて凝結させるのに、どこまで上昇するかを考えれば良いことになります。

作図の具合で多少のズレは生じますが、この図では770hPaになりました。
50hPa刻みで求められているので、解答は『750』hPaになります。

②作図
前問で最高到達点が分かったので、そこから乾燥状態で地上に下ろしたときが気温が最大になります。
これより高くなる可能性はありません。

③想定される最高気温
上の図から、気温を読み取って『34』

第50回気象予報士試験 実技1 問5(3)

フェーン現象といえば、乾燥でしょう。
真夏なら、高温注意報もあるかも。

2つと言われたら「乾燥注意報」「強風注意報」でしょうね。

模範解答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ほっぱ より:

    第50回気象予報士試験 実技1 問5(2)②について
    差し支えなければ教えて下さい。
    答えがどうして等飽和混合比線と湿潤断熱線の交点になるのかがはっきりとは分かりかねます。乾燥断熱線と等飽和混合比線の交点を調べたことはありますが、湿潤断熱線との交点は初めてです。

    山頂に着くまで(山越えする前)は、湿度100%の空気塊は、湿潤断熱線にそって上昇。山頂についた後は、断熱昇温されながら下降するので、混合比は一定。そのため、露点温度15度の等飽和混合比線との交点になるという考えなのでしょうか。

  2. とうり より:

    ほっぱ様、後半部分、その通りです。例題として、WEB上で、「フェーン現象」「富山」「高山」でひくと、かなり面白い例題があります。今、手元にノートがないので、記憶のみ。私は、なぜか、34度だと直感、乾燥断熱線からさかのぼって、あたりをつけて、正規のやりかたで解答。試みられたら幸いです。状態曲線はためになります。

  3. とうり より:

    ほっぱ様、「過去問」もキーとして追加して確認できます。私も確認済み。追加いたしました。

  4. ほっぱ より:

    ご連絡ありがとうございます。上記考えに基づくと山越え前の気圧は富山と同じになりますが、問題文からそこまでは読み取れませんでした。

  5. とうり より:

    ほっぱ様、すでに、ご存じのことと思いますが、2か所での、気温を測定した時の気圧(高度)がわかれば、山頂での高度がわかるので(状態曲線から)、高度が知らされていなければ、読み取れない(計算できない)、ということでしょうか。基本的には、山頂からは乾燥していくと考えて、作図されているのでしょうか。ということで、後半部の方法が正答になります。

  6. ほっぱ より:

    山頂からは乾燥しているものと考えています。
    気温21度・露点温度21度は山頂ではなく、山越えする前のどこかの状態と理解しています。山越え前の気圧が、グラフ上の下端の値としないと、回答が出せないことが腑に落ちません。

  7. とうり より:

    ほっぱ様、そうゆうことでしたか。持ち上げ凝結高度から山頂まで、山頂から地表まで。それぞれ、湿潤断熱線、乾燥断熱線による解析とする場合、書かれたような「山越え前の気圧」(高度)をどう考えるか、考える文献がありません。どこかにあるのでしょうか。上級者の方、ご教示ください。

  8. とうり より:

    ほっぱ様、試験が終わったので、少し検討。つまり、そのようにしないと、解が得られないということでしょうか(本文でそうしなさいとされているような・・・、ちょっといいすぎですが)、あるいは、たとえば、34度から乾燥断熱線をたどって、ある(これが大切か)湿潤断熱線が接する交点の「意味づけ」が与えられていないような(これもそんな気がします)、ということで、ほんの少しだけ考えてみました(考えてないかも・・・、進展していないのですいません)。・・・、ほっぱ様の書かれた通リです。

  9. とうり より:

    ほっぱ様、『一般気象学第2版補訂版』小倉義光・著。図3.15、72ページ。「対流不安定の説明図」を参考に。湿度100%であるので、湿球温度=露点温度。結果的には、例えば、34度をさかのぼる乾燥断熱線と21度(露点温度、つまり湿球温度)の湿潤断熱線の交点。実質はLCLですので、ここを通る等飽和混合比線=17度。そこで、このことから、解析としては、等飽和混合比線と湿潤断熱線の交点を通る乾燥断熱線を検討する。