台風の自作問題

このトピックには7件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月、 2 週間前 とうり さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #15694 返信

    hungry

    強い台風の暴風域海上では、海上台風警報が出される。

    この問題を出されてマルをつけてよいでしょうか? 意見があればお願いします。

  • #15697 返信

    ya_sa

    ○で良いと思いますが…。
    ①警報の理由が台風であること。
    ②その上で、台風の勢力が「強い」ため、最大風速が33m/s以上44m/s未満であること。
    →ノットに換算すると64KT以上に該当するため。

    この二つを満たすから、○だと僕は思います。

  • #15698 返信

    とうり

    瞬間的に、◯かな、と思いましたが、少し考えてみます。
     強い台風ということで、中心付近で最大風速が33m/s以上、44m/s未満。
     暴風域では、平均風速が25m/s以上吹いているか、地形の影響がないときは吹く恐れがる領域。
       平均風速と最大風速に、引っかかります。
     海上台風警報(TW)では、台風が原因で最大風速が64KT以上。
       ここでは、最大風速。
     海上暴風警戒(SW)では、最大風速が48KT、以上64KT未満。
      暴風域が書かれていないならば、すんなり解答できそうですが、どうなのでしょうか。
     今、夏休みの最中です。勉強になります。

  • #15700 返信

    hungry

    ご意見ありがとうございます。
    自分でもどこか引っかかると思っていたのですが、「暴風域」がネックだということが分かりました。

    一般的に、台風の中心に近いほど風速の大きい風が吹くので、暴風域内では海上警報が出されるのではないかと。
    しかし、とうりさんの言うように、暴風域の定義と、平均風速と最大風速の違いからいうと、迷うところです。

    台風の中心付近を含むという意味で、「暴風域」→「暴風域内」と替えるとまた違うのでしょうか。
    あまり良い問題ではなかったかもしれません。

  • #15701 返信

    とうり

    海上警報は、「全般海上警報」のことで、全般海上予報区または地方海上予報区を対象にして、船舶の運航に必要な海上の気象などに関する警報。気象庁のWEBによります。
     実技試験などでは、設問のひとつで、ひとつ1点で、全般海上警報が問われています。
     一般知識では、その点では、平均風速(10分間風速)や最大風速などを示して、注意深く、問われることになるのでしょうか。15問のなかの1問ですので、曖昧さはないと思われます。なお、暴風域、暴風域内は同じ意味で、円の領域内を暴風域として示しています。
     私自身、調べてみて、知ることばかりです。

  • #15702 返信

    とうり

    追加として、日本近海を12の地方海上予報区に分け(略)海上警報、海上予報を発表。気象庁WEBより。そこで、全般、が出てくるのでしょうか。
     予報区での海上警報であることがわかり、調べてみて、なんか、すっきりしました。

  • #15705 返信

    hungry

    海上警報は予報区ごとに出されるのですね。すっきりしました、ありがとうございます!

  • #15708 返信

    とうり

    hungry様、実技試験の問題で、特に図1に示された全般海上警報を確認しました。52回気象予報士試験実技1です。
     [GW]が2か所に書かれています。気象庁WEBの予報区でみますと、ひとつは、四国沖北部、もうひとつは檜山津軽沖。今までに、全く、印字された場所には注意していませんでしたので、なんとなく、理解が深まった気がいたします。
     ありがとうございました。いやあ、知らないことばかりです。試験に間に合うのかな、という思いです。

返信先: 台風の自作問題
あなたの情報: