第42回気象予報士試験 実技1 問1


第42回気象予報士試験 実技1 問1(1)


丸囲み数字は、機種によっては文字化けするので[1][2]を使います。

[1]1000hPa [2]東北東 [3]15KT は、下の図を読むだけのこと。
j42k1q1a
[4]48度 [5]135度 [6]東南東 も下の図から明らか。
[7]をどう表現するかは、ちょっと悩む。
低気圧の進行方向に、-9℃の等温線が南に張り出している。
気温の谷と言う表現でも良いのかもしれないが、正解は『寒気』としている。

j42k1q1c

[8]は、下の図の通り、+67だから、『正渦度』である。
j42k1q1d[9]は、低気圧の前方に寒気があれば上昇気流が発生せず、気圧の軸が鉛直に立っていることから低気圧は発達しないと判断できる。

下図は、図1に図4の等温線と図3のと高度線を合成した図である。
[10]停滞前線と重なっているのは、赤い線で描いた18℃等温線。
[11]停滞前線に近いのは太いグリーンの線で偉いた9600mライン
[12]太いグリーンのラインよりもやや南にある。

j42k1q1e


第42回気象予報士試験 実技1 問1(2)


[1]は、問題不備により、全員正解とする。

[2]現在の天気記号は「雷光は見えるが雷鳴は聞こえない」で、雲量が2/8です。
8分割雲量2/8は、10分割雲量では 2または3に換算します。
気象庁による『晴れ』の判定基準は「10分割雲量が2以上8以下の状態」とされていますので、ここの天気は『晴れ』の判定になります。
j42k1q1f

j42k1q1h
[3]図の中の『+11』は「1.1hPa上昇」の記号。

[4]『+11』の右にある / のラインは「d:上昇後一定、または上昇後緩上昇」の記号です。

模範解答

j42k1q1ans

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがりの予報士試験を勉強している者 より:

    細かいところとなります。
    下段に気圧の変化傾向の図について、下から2番目の傾向について、
    下降後一定または下降後緩やかに上昇(3時間前より低い)とありますが、
    緩やかに下降ですよね。
    (上から3番目と対になっている変化傾向なので気が付きました)

    その他、連続して上昇、下降という記述がありますが、
    一定上昇(下降)、変動上昇(下降)という記述となっています。
    大きく意味が異なることはないとは思いましたが、参考までに。
    国際気象通報式4-9項番0200 or地上気象観測指針(項番3.4 気圧変化の型と量)より
    確認済みです。

    • 北上大 より:

      通りすがりの予報士試験を勉強している者さん

      ご指摘ありがとうございます。
      >下降後一定または下降後緩やかに上昇(3時間前より低い)
      >とありますが、緩やかに下降ですよね。

      ご指摘のとおりです。
      Wikipedia「地上天気図」からの引用図でしたが、原図は現在(2019/08/22)も間違えたままです。

      東京学芸大学気象学研究室からの引用図に差し替えました。

  2. 通りすがりの予報士試験を勉強している者 より:

    ご確認ありがとうございました。
    Wikipediaはちょっと調べるには便利なページですが、正しいかどうか、最新の情報かどうか、信憑性が薄い場合があるので注意しています。
    気象庁HPで、この部分も含めて、分かりやすくフォローしてもらえると、あちこちのページを見ずに助かるのでしょうけれど。