高層大気の絵描き歌を作りました。

高層大気(超高層大気の一部を含む)に関する問題がしばしば出題されています。

高層大気の代表的な構造は、この図で表します。

kosotaiki

この図の主な要素を覚えるための「絵描き歌」を作りましたので、ご覧ください。

語呂合わせを覚えましょう。
界面の高さは、80、50、10kmなので 「やれこれと」
圏の名前は、熱圏、中間圏、成層圏、対流圏なので、「熱中性の対流が」
界面の気温が-80℃、0℃、-50℃なので「やれ引く、休んで、これを引く」
界面の気圧は、0.01、1、100hPaなので「丸で転んで、イチとヒャク」
25kmにオゾン層はそのまま「25キロにオゾン層」
単位を表示するために「k C hで出来上がり」

大まかな概要だけを書いた図ですが、覚えるべきポイントを列挙します。

  1. 下から順に「対流圏、成層圏、中間圏、熱圏」の順である
  2. 境目は、下層の名前をとって、対流圏界面、成層圏界面、中間圏界面と言う
    (一般的に熱圏界面は使わない)
  3. 各界面は、温度の極値(極大、極小)になっている
    (逆に言えば、温度方向の替り目を界面という)
  4. 界面の高さは、概略10km、50km、80kmである
    (資料によって数値の違いがあるが、概数として把握すること)
  5. 界面の気圧は、およそ100hPa、1hPa、0.01hPaである
  6. 界面の気温は、概略-50℃、0℃、-80℃である
    (資料によって数値の違いがあるが、概数として把握すること)
  7. 25kmにオゾン層がある

これだけの情報が、上の図に詰まっています。

20160103a

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 山澤生樹 より:

    大学生です。一通り勉強したつもりで、過去問を解いたのですが正当率が低すぎて絶望していました。解説をインターネットで探してこのサイトに出会いました。とても分かりやすくて少し気持ちが救われました。諦めずに勉強を続けようと思いました。投稿ありがとうございます。こちらのコメント欄から質問などしてもよろしいのでしょうか?

  2. 北上大 より:

    山澤さん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。
    気象予報士の試験は、専門用語が多いし、実技試験の言葉使いも独特なものがあるので、馴染むまで時間がかかりますね。

    大学生なら、頭の対応力があるし瞬発力もあるから、すぐに合格しますよ。
    がんばってください。

    コメント欄からの質問もOKですが、わたしが答えられるかどうかは保証の限りではありません。(笑)
    自由掲示板で質問をすると多くの先輩が答えてくれるので、うまく活用してください。