令和2年度(第54回試験)について

『めざてんサイト』にようこそ フォーラム めざてん掲示板 令和2年度(第54回試験)について

このトピックには5件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 週間前 とうり さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #15010 返信

    どのうえ

    こんにちは。
    今年の五月からコロナ禍の中で時間を有効に使おうと、気象予報士の勉強を始めたものです。
    独学で勉強を進めていますが、自身の生活時間の関係上、まとまった勉強時間を多く確保できず、まだ一般常識の分野も半分以上履修できていない状況です。

    今の勉強ペースを上げる気はもちろんあるのですが、それでも一般常識問題だけしか対応できないと思いますし、ここから専門知識などを勉強しても、付け焼刃に受験となり、ほぼ記念受験になってしまいのではないかと思い、受験を悩んでいます。

    一般試験問題だけでも合格を目指して受験すべきなのでしょうか?
    それとも、試験の雰囲気などを体験すべく、とりあえず受けてみるべきなのでしょうか?
    (その場合、実技試験の前に試験を退室できるかどうかを知りたいです)

    非常にネガティブな質問で申し訳ございません。受験料もかかりますし非常に悩んでいます。
    どうか背中を押していただくか、待ったをかけるかしてもらいたいです。

  • #15012 返信

    くま

    どのうえさん 
    こんばんは。新潟県のくまといいます。
    落ち続けて早6年目。でもめげずに、次回も受験予定です。2教科免除で大きなチャンスを迎えています。
    スカッと合格する人もいれば、私のような者もいる実に「魅力的な」資格試験です。
    貴方が書かれた時間的な条件ですと、今回は「一般試験」に的を絞るのがベストだと考えます。
    そして次は「専門」、それから「実技」のワン・ツウ・フィニッシュを目指したらいかがですか。
    ただ、「一般」だけの受験申し込みは出来ませんので、3種目受験(11,400円)の手続きをすることになりますね。
    そこで、当日のおおまかな動きですが、貴方が知りたいことは次のようになっています。
    ・各試験とも、「途中退室」は可能です。
     「試験開始後30分からその試験終了5分前まで可能」と問題文の表紙に記載されています。

    11,400円も払って、「一般」しか受けないのはもったいないです。
    是非、「雰囲気を味わう」ためにも、午後の「実技」も受験しましょう。
    解答用紙以外は持ち帰る必要があります。ですから「本物の問題」をゲットしにいく、位の気持ちで今回は受験するのが良いと思います。
    私が最初に受験したときのことを思い出しています。
    「一般」「専門」は、あっという間に60分が過ぎましたね。
    「実技」は時間が余りました。
    何を書いたら良いのか、分からなかったからです。
    「実技」は勉強を始めると次は「時間が足りない」となります。
    そして、合格が近づくと「何とか時間内で解ける」となるようです。
    独特の緊張感を味わうためにも、是非受験の手続きをしましょう。
    そして、張り切って当日を迎えましょう。

  • #15014 返信

    どのうえ

    くまさん、お返事ありがとうございます。
    踏ん切りがつかなかった部分が多く、背中を押してくれたことに感謝申し上げます。
    今回は「一般」のみの合格を目指し、午後は雰囲気をつかむために会場に居たいと思います。
    非常にあいまいな質問でしたが、回答してくださりありがとうございました!頑張ります!

  • #15016 返信

    くま

    どのうえさん
    お互いに、全力で取り組みましょう!

    このサイトの、北上マスターによる過去問解説は、とても役に立ちますので、是非有効活用してください。
    メンバーズルームの登録もお忘れなく!

  • #15122 返信

    とうり

    来週、6月22日(月)から、申し込みが始まります。忘れないように、受験申請をしたいと思います。すでに、皆様が書かれているように(変更された箇所はありますが、とくに書類申請上、気を付けるところはないようです)、いままでと同じように申請書類を書けばいいようです。

  • #15185 返信

    とうり

    先週、県外への移動も可能になり、週末も「日食」も見られて、なんか(個人的に)、雰囲気が変わったようですね。当地を車で移動していて、「空鞘(そらさや)稲生神社」が橋の袂からみられました。なぜか、「気象神社」を彷彿させました。あれっ、「そらまめ」さんは、「そら豆」ではなく、「そら」に「まめ」な、という意味でつかわれているのかな、と連想。こちらを見られていない(おそらく)ので、確かめませんが、色々と移動中に考えました。
     今日から、気象予報士試験の申し込みが始まりました。すでに出しましたが、どれぐらいの受験者がいるのかな、と思う次第。さきの、「そらさや」は「刀の鞘が樹に置いてあった」のが、16世紀中ごろに建立された由ということ。「空」が気にかかるこの頃です。

返信先: 令和2年度(第54回試験)について
あなたの情報: