学科専門の第35回(平成22年第2回)問15について

『めざてんサイト』にようこそ フォーラム めざてん掲示板 学科専門の第35回(平成22年第2回)問15について

このトピックには2件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 週間前 石水 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #14874 返信

    石水

    (a)、(b)が誤りであることは理解できるんですが、(c)が正解なのはどうしてなのでしょうか。理由が分からなくて困っています。
    どなたか教えていただけると助かります。

  • #14875 返信

    Prometheus

    問題の図では、

    (1) 等高度線は日本列島の西側(東シナ海~朝鮮半島あたり)で南に張り出している
    (2) 日本列島の西~北(ユーラシア大陸東部)が陰影部(=負偏差域)となっている一方、東側(東経180度北緯45度付近)に正偏差極大(プラスの記号)がある

    となっています。このように日本列島の西側に気圧の谷が位置する気圧配置は『西谷型』と呼ばれ選択肢(c)の記述のように南から暖かく湿った空気が入りがちで日本付近(特に太平洋側)の天気が悪くなります。

    参考:来週は寒い 続いた西谷から東谷で寒気南下(饒村曜)

    リンク先にも解説がありますが、問題の図とは逆に気圧の谷が日本の東側に位置する気圧配置は『東谷型』と呼ばれるもので『西谷型』と対照的な性質を持っています。また、問題の選択肢(b)は『東谷型』の特徴に関する記述。

    対策としては『西谷型』と『東谷型』を対比させて天気の特徴や相違、天気図での見分け方を理解するのが良いと思います。

  • #14876 返信

    石水

    ありがとうございます。
    教えていただいた内容でやっと理解できました。西谷型という気圧配置があるんですね。
    他にも分からないことが出てきたら、また質問させてもらいます。

返信先: 学科専門の第35回(平成22年第2回)問15について
あなたの情報: