高層時系列図の見方

このトピックには3件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。5 ヶ月、 3 週間前 吉之助 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #13691 返信

    吉之助

    試験が近づいてきました。わからないことが多いです。
    平成26年度第1回実技1問3(5)について
    疑問1
    強い降水が始まった時刻は「5時40分」が回答ですが、高層時系列図の上昇(暖色系)、下降(寒色系)において何故、下降(寒色系)で降水ありと判断されるのでしょうか?知識のない私はつい、上昇(暖色系)が降水ありと思ってます。降水があれば上昇流では?
    未だに疑問です。
    疑問2
    同問(④)について、降水粒子の落下を示す負の鉛直速度は④7時30分から8時30分ですが、何故この時間帯で降水強度が最大とみられるのでしょうか?高層時系列図の見方が解りません。

  • #13692 返信

    Prometheus

    とりあえず疑問1についてですが、高層時系列図のもとになっているウィンドプロファイラでは、空気よりも降水粒子の電波の散乱が大きいため、降水粒子が存在する場合は(仮に空気が上昇流であったとしても)降水粒子の(鉛直)速度が計測されます。下記資料の3ページ④を参照下さい。
    (気象庁)ウィンドプロファイラ観測値の配信について

  • #13693 返信

    北上大
    キーマスター

    吉之助さん

    他の方にもお願いしていることですが、問題番号は通し番号で指定してください。
    平成の1回目2回目、令和の1回目というのが、どうしても馴染めませんので、よろしくおねがいします。

    ということで、平成26年度第1回は第42回ですね。

    .
    .
    >何故、下降(寒色系)で降水ありと判断されるのでしょうか?

    まず『降水』について考えてみましょう。
    降水とは、上空から落下した水が地表に到達する現象です。(雨でも雪でも)
    上空から落下した雨滴が途中で消滅したら、降水ありとは言いません。

    だから、地表での出来事に着目します。
    上空で水が舞い上がる現象ではありませんから、上空の上昇(暖色系)は、関係ありません。

    >降水があれば上昇流では?
    >未だに疑問です。

    降水を引き起こすための準備運動として上昇流は必要です。
    しかし、降水が始まれば、地表付近は下降流になるのが当然でしょう。
    雨粒が上から下に落下しているのに、周囲の空気は上昇するのですか。
    そんなことはありえません。
    雨粒が落下するときには、摩擦によって周囲の空気も一緒に下降します。

    一般気象学の208ページの下段をご覧ください。
    降水とともに下降流が始まることが記載されています。

    .
    .
    >同問(④)について、降水粒子の落下を示す負の鉛直速度は④7時30分から8時30分ですが、何故この時間帯で降水強度が最大とみられるのでしょうか?

    青い色が濃いからです。
    降水が強くなれば、周囲の空気も引きずり下ろすので、下降流が強まるのです。
    負の鉛直速度のピークを問われているので、地表付近で青い色が濃い時間帯を答えればよいのです。

    蛇足ながら、ここで言う『負の鉛直速度』は下降流ですよ。
    『鉛直p速度』が負(マイナス)ならば上昇流ですが、『鉛直速度』は負が下降流なので混同しないでくださいね。

    • この返信は5 ヶ月、 3 週間前に  北上大 さんが編集しました。
    • この返信は5 ヶ月、 3 週間前に  北上大 さんが編集しました。
    • この返信は5 ヶ月、 3 週間前に  北上大 さんが編集しました。
    • この返信は5 ヶ月、 3 週間前に  北上大 さんが編集しました。
  • #13701 返信

    吉之助

    Prometheusさん
    参考資料ありがとうございます。このような資料があるのでね。気象庁ってなんかすごいところのように見えます。よく読んでおきます。ありがとうございます。
    北上さま
    通し番号の件、大変失礼しました。今後、気をつけます。
    一般気象学の208ページ確認しました。しっかり赤線を引いていましたが、全く頭には入っていませんでした。
    『負の鉛直速度』は下降流、『鉛直p速度』が負ならば上昇流、わかりやすいご説明ありがとうございます。疑問が解けました。

返信先: 高層時系列図の見方
あなたの情報: