めざてんカフェ52

このトピックには36件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2 週間前 actor さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #12069 返信

    北上大
    キーマスター

    第52回試験が終わりましたので『めざてんカフェ52』を立ち上げます。
    気象とは関係ないことでも結構ですから、お気軽に『めざてんカフェ52』をご利用ください。

  • #12070 返信

    吉之介

    試験は、終わりました。明後日からお嫁さんと沖縄旅行です。

    • #12074 返信

      北上大
      キーマスター

      吉之介さん

      試験お疲れさまでした。
      試験場でコメント書いていて、大丈夫でしたか。

      ごゆっくり、沖縄へ 行ってらっしゃい (^O^)/

  • #12071 返信

    actor

    無事受験終えてきました!

    直前までお力添えありがとうございました。

    早速質問です。
    実技の合格基準なんですが
    実技1で70点以上、実技2で70点以上、というそれぞれで7割以上ではなくて、実技1と2を合わせた200点満点で140点以上が基準なのでしょうか?

    恥ずかしながら、どちらが正しいか未だに分からないので、もしご存知でしたらご教授ください。

    • #12073 返信

      北上大
      キーマスター

      actorさん

      >実技1で70点以上、実技2で70点以上、というそれぞれで7割以上ではなくて
      >実技1と2を合わせた200点満点で140点以上が基準なのでしょうか?

      公開されていないので分かりませんが、合計140点以上だと思います。
      しかし、片方が100点でもう一方が40点で通るかと言われると
      どうでしょうか。

  • #12072 返信

    くま

    専門と実技の受験でした。
    専門は過去問の焼き直しが多かったです。
    新としては、表面雨量指数がでましたね。
    実技は、何とか最後までたどり着きましたが、さてどうなりますか。
    問題が公表されましたら、先輩諸氏からのメッセージをよろしくお願いします。

    • #12077 返信

      北上大
      キーマスター

      くまさん

      実技は最後まで書くこと自体が一つの関門です。
      それを達成したということは、期待が持てそうですね。

  • #12075 返信

    Prometheus

    実技のみ受験しました。
    こちらで入手した過去問で実戦演習を重ねた事で、本番では殆ど時計を見なくても程良い時間配分が出来ました。ありがとございます。
    終わってからアレコレ悩んでも仕方ないので結果通知まで気象の事は脳内からクリアします。正直言うとサボっていた仕事を急ピッチで挽回しなければいけない状況なので(汗)。

    • #12076 返信

      北上大
      キーマスター

      Prometheusさん

      サイト中のたくさんのミスを発見していただきましてありがとうございました。
      おかげさまで、当サイトのレベルが一段アップしたような感じです。

      Prometheusさんの知識なら合格間違いなしでしょう。
      10月のご連絡を心待ちにしています。

      ゆっくり休んでください。
      いや、仕事がんばってくださいね。

  • #12081 返信

    Cocon

    今回の専門学科試験は合格点去年と同じ10点ですかね?

  • #12082 返信

    クマ

    それは何とも言えないと思います。平均点を勘案して判断されるのでしょう。
    今回は、過去問の焼き直しが多かった印象がありますので、11問かな?という気がしますね。
    ただ、問7は全員正答の判断がなされるかもしれませんね。

    冬季の日本海における、冬型時の筋状雲に関する設問です。
    正解は1の全て「正」だと思いますが、問題文で「走向」が「走行」と間違って記載されていましたね。

    今までの例ですと、全員正答と判断される可能性が高いですね。
    あるいは、aとcで上記の誤記がありましたので、1(正正正)もしくは、4(誤正誤)が正答と判断されるかもしれません。

    意図的な誤記とは思えません。そこまで意地が悪くないですよね。

  • #12083 返信

    yasukun

    実技のみの受験でした。これまでで一番手応えがありました。(今回3回目)
    直前まで体調が悪かったのですが、本番では集中できました。結果通知まで40日以上、何をしようか・・。
    楽しみです。

  • #12085 返信

    吉之介

    私も実技のみ2回目でした。試験日まで過去5年分を3回学習しましたが、できばえはいまいちかなと感じております。
    10月の結果発表後、来年1月により向け即、勉強開始する予定です。もう後がありません。1月はなんとしてでもという感じです。

  • #12086 返信

    ダックン

    今回の専門学科試験の問14の全般海上警報について、台風が発達中なのか、衰退傾向にあるのかという言及がなく、あくまで現時点(TS)での警報判断として考え、発表されるなら海上強風警報と思い、④としたのですがどうでしょうか?

    • #12088 返信

      北上大
      キーマスター

      第52回試験の個別問題の議論については、
      例えば
       『第52回 専門知識 問14について』
       『第52回 実技2 問2(1)について』
      のように、後々検索できるように、
      必ず通算回数を入れて個別の問題を指定して、新しいトピックを立ててください。
      (タイトルは管理人が修正することがあります)

      まだ問題が公開されていないので、それまでの間は実際に受験した人しか参加できません。
      しかし2週間後に問題が公開されれば、別の人も参加してくれるでしょう。

      そのためのベースを作っておくのも良いでしょう。

  • #12091 返信

    ウルトラゾーン

    試験を受けられたみなさん、お疲れさまでした。
    私は次の日曜日の試験に向けて最後の追い込みをやっているところです(合格できる自信はなし)。

    >吉之介さん
    今沖縄ですか!
    羨ましいですねー。私は南は奄美大島までしか行ったことがないので、いつかは沖縄に行ってみたいです。
    >actorさん
    私も実技の判定に関しては北上大さんとほぼ同じ意見です。
    多くの資格試験で、科目がいくつかあるものは、最低点を決めていて、それをクリアした者の中で合計点の高い者から上位何%といった相対評価か、合計何点以上といった絶対評価で合格者を決定しているものが多いと思います。
    毎回同じ難易度の試験を作成できる場合は絶対評価、気象予報士試験のように難易度が毎回変わるような試験では相対評価といったところではないでしょうか。
    >クマさん
    ついに表面雨量指数が出ましたか。適用から2年、気象予報士試験は一般の人はあまり見ないと思うけど、作成者の心情としては、こういうものがありますよ!と世間へ知らしめたいという意図もあると思うので、出るべくして出たという感じですね。

    Prometheusさんも、Coconさんも、yasukunさんも、ダックンさんもお疲れ様。
    とりあえずは、ゆっくり休んでください。

  • #12092 返信

    おちゃ

    初めての投稿です。
    申し込み期限ギリギリの7月に受験を決め、こちらのサイトにお世話になりながら初受験。
    いくつか上がっている解答速報を参考に自己採点してみたところ、
    ・学科一般 13/15
    ・学科専門 7/15
    でした。

    過去問演習をしていた時から専門が鬼門で、たった2ヶ月足らずの勉強では歯が立たないことが分かり、次の試験に向けて勉強し直そうと思いました。

  • #12095 返信

    らいちょう

    同じく初めての投稿です。
    私も2か月ほどの勉強期間で初受験、自己採点の結果
    一般 12/15
    専門 9/15
    でした。

    いざ本番になると、自分がいかに曖昧に定義を覚えていたのかを痛感しました。
    1月に向けて実技の勉強も始めましたが、専門と被っていることが多く、期間的に厳しかったとは思いますが、実技と並行して勉強していたらもっと理解が深まったのではないかと今更になって気づきました。
    これからの5か月間、同じ轍を踏まぬようしっかりと勉強していきたいです。

  • #12102 返信

    愁いのPrisoner

    学科は免除切れ再受験で、解答速報だと一般が15、専門が12なので多分合格返り咲きです。
    しかし問題は実技ですね。。。

    実技1で緯度・経度がやたらと細かく0.1度刻みで問われまくって心が乱れたり(今後は1mmではなく0.5mm単位で計れるものさしを検討します)、実技2の冒頭で十種雲形をアルファベットで答えるのに動揺してやはりメンタルの弱さを痛感しました。

    一応最後までやりきりましたが、どうもいつものとおり論述のピントがずれていた気がします(「分布(状態)」なのに「動き(要因)」を答えてしまったり)。

    そして天気を「晴」と答えるべきところ「晴れ」と答えたのが歯がゆいです、、、

    推定60%前半くらいなので望み薄いです( ノД`)…

  • #12103 返信

    actor

    愁いのPrisonerさん

    自分も一般14点、専門13点でなんとか実技を採点して貰えそうです!

    ただ同じく実技が鬼門です···
    実技1は時間ギリギリで完答得点率78~75点ぐらいなんですが
    実技2は時間が足りず問三の10点近く埋めることが出来ずに終わってしまいました、悔しいです。最後の穴埋め5問が配点1点を願うばかりです。
    得点率は65~60ぐらいだと思います。

    実技2はおっしゃる通り、過去問であまり見なかったアルファベットの雲形記号での解答が4点分あったり、ふたつのトラフを絡めたりと、平均よりは少しだけ難しいかなという印象でした!

    合格基準70パーセントだと実技はダメそうなので、65パーセントとかになるのを願ってます笑

  • #12106 返信

    北上大
    キーマスター

    Team SABOTENの解説動画をご紹介します。

    第52回気象予報士試験の実技試験の解説動画が無料で9月末まで限定公開されています。
    視聴無料ですが、登録が必要です。
    http://bk-pro.jp/school/sokuhou.html

    防災気象PROとてんコロ.の佐々木恭子さんによる実技試験の解説です。
    解答ではなく、考え方を示す解説動画だそうです。

    一般にはまだ問題も公開されていませんので、受験された方にとっては、このスピード感はとてもありがたいのではないでしょうか。

    まだ、頭がカッカしているはずなので、そういう時期に考え方を整理できるのは、実力アップ間違いなしです。
    受験された皆さんは、ぜひ登録してご覧になってはいかがでしょうか。

    同業者視聴禁止と厳しく表示されていますが、めざてんサイトは『業』ではないし、敵対するつもりもないので、ここで紹介しています。

    もしも、防災気象PROやてんコロ.さんから、クレームがあれば即座に削除します。

  • #12108 返信

    actor

    北上さん更新ありがとうございます。
    自分もそれを見て自己採点してみました!

    今後、第52回の実技を北上さんが解いてみて頂けるのであれば、主観で構いませんのでそれぞれの難易度と合格基準が何パーセントあたりになりそうか是非コメントいただけるとありがたいです、可能であればお願いします。

  • #12109 返信

    愁いのPrisoner

    【実技】過去10回の合格最低点
    42回 60%
    43回 61%
    44回 66%
    45回 70%
    46回 63%
    47回 68%
    48回 63%
    49回 64%
    50回 67%
    51回 66%

    (出典=http://onlinux.blog.fc2.com/blog-entry-5.html)

    actor様、ご反応ありがとうございます。
    以上のデータによると、最近では、合格最低点が3回続けて65%超えという事例が無いですね。ちょうど直近2回が65%超えなので、ジンクス的には今回は65%以下なんて事も考えられなくはないですね。(また、直近10回の合格最低点の平均が64.8%でしょうかね※私の計算が正しければ・・)
    あくまで難易度ではなくて過去のデータにのみ基づいた話ですが、、、
    ただ、最近顕著に受験者全体のレベルが上がっているなら、当然もっと合格ラインは上がるはずですね~。

    まずは来週水曜日あたりの解答例発表を待ちます。

    (ちなみに北上大様が貼っていただいた動画で自己採点したところ、実技1が70%、実技2が59%で、合計64.5%です、ただ論述甘めに見積もっています……)

  • #12130 返信

    masuo

    皆さま

    自分も実技の自己採点していて、だいたいどこが間違ってるのかというのは把握できたのですが、
    簡単な穴埋めは1点として、記述と作図問題はどの程度の配点だと仮定して採点していますか?

    特に実技2は短めの文字数の記述が多くて予想しづらいのですが。

    • #12131 返信

      Prometheus

      少し古い年次のものですが、過去問の記述問題の字数と配点の相関を調べてみたことがあります(枝問の配点が不明なものは除外)。

      結果は15字で3点、20~25字が4点、30字が5点、35~40字が5~6点、55点が7点でした。

      作図の配点は調べてませんが、過去問演習のときには穴埋め式(1~2点)と記述式の推定配点から逆算しました。但し、これはセンターから配点入りの解答例が発表されないと使えませんね。

  • #12133 返信

    たこやき

    みなさんこんばんは

    たこやきです。

    先日の実技試験を受けました。
    実技対策をして初めて受けましたが、文書を短時間でまとめ上げるのに苦慮します。
    考え方は間違ってないようですが文書表現の仕方がいまいちと感じております。
    理系ですので文書表現が苦手です。
    緯度経度の位置より理論的な問が多ければ解きやすいのですが…

    とりあえず全問書ききりましたが50%~60%あればいいほうかと
    冬に向けてがんばります。

  • #12136 返信

    actor

    愁いのPrisonerさん
    例年の合格基準ありがとうございます!!
    解いてみた所感だと実技1は平年並みで70パーセント、実技2は65パーセントぐらいで平均でその中間ぐらいかなと推測してます

    結果発表まで気が気じゃありません。

    masuoさん

    こちらのサイトにある過去問を一通りといてみた印象だと、直近のものになればなるほど昔のものに較べ、同じ文字数の記述でも配点が1点少なくなり、その少なくなった配点分でさらに1~2問の記述問題が増えている印象を受けました。

    作図も顕著に配点が減っているように感じます。

  • #12138 返信

    愁いのPrisoner

    masuo様

    私の実技の自己採点の基準は、
    過去問の経験上のイメージだと、

    穴埋め問題 1点
    “簡潔に”答える問題 2点
    緯度・経度 1点・1点
    トラフ・前線 2~4点
    計算問題 2~3点
    じょう乱の予想位置 1箇所につき1点
    等圧線 1本につき2点
    論述問題 (四捨五入した指定文字数÷10)点※あるいは(必須キーワード数×2)点

    といった具合の目安です。

    配点と難易度を意識した、本番で問題を優先順位を考えるのも戦略上重要ですね。。。
    実技って、本番で迷った(手が止まった)ロスタイムが、その後の焦りと頭の消耗と気力にダメージ与えかねないので、、、
    終盤に簡単な問題郡(ボーナスステージ)ある事がよくありますしね。

    来週水曜日あたりには、配点込みで解答例も発表されるでしょうかね。。。

  • #12143 返信

    愁いのPrisoner

    Team Saboten様の解説動画を見ての一言……

    ――ディバイダーでの距離測定を呼吸レベルでできるようにしないとならない(緯度何度分か)。

  • #12151 返信

    ウルトラゾーン

    私は、1年半くらい前は、ディバイダ使いを目指すべく、良いディバイダ探しをやっていましたね。
    ステッドラーのコンパスやディバイダも試しましたが、最終的にシンワというメーカーのディバイダが、値段が1000円前後なのにもかかわらず、長さが丁度よく、ぐらつくことなくしっかり位置をキープできるのに加えて、針がすごく尖っているので、まさにピンポイントで位置を調節できるので使いやすかったです。

    ところで、昨日は某試験を受けてきたんですが、科目が全部で4教科あり、トータル試験時間5時間35分の長丁場を終えた頃には、かなりヘトヘトになりました。試験を受けた実感では4科目ともボロボロな感じで、下手すると全滅かもしれないと思っていたのですが、なんと、もう問題と公式解答が発表されていて、自己採点をしてみると3科目はギリギリ60点台で合格、1科目は57点で合格基準点次第といった感じでした(この試験は、年によって合格基準点が、だいたい55~60点の範囲で変わっているようで、60点あれば確実に合格っぽいので。)
    それにしても、1科目も7~8割取れていないのは、本当に不甲斐ないです。
    そういえば、気象予報士試験の学科の時も11点とか12点くらいでギリギリだったような・・・
    ある意味、効率がいいのかな?

    しかし、13点とか14点なんて、すごいですねー。
    あと、気象予報士試験は公式解答の発表まで、何でこんなに時間がかかるいんでしょうねぇ。記述があるから、みんなの答案を見て公式解答例の最終チェックでもしてるのかな?

  • #12163 返信

    愁いのPrisoner

    本日公表された正式な解答例に基づき、実技の自己採点したところ、
    実技1=65点、実技2=57点で、
    合計61%と、絶望的な結果でした。

    論述のピントがズレまくっていました。とりわけ“分布を見たまま答える”タイプの問題では、どうも固定観念が邪魔をしています。やっぱり天気図を見たまま答えないとダメですね、、、それにしても過去問では固定観念が根付くだけで、どうしたらよいものか、対策も思いつきません、、、

    思いの外悪い点数に凹んでおりますが何とか立ち上がりたいところ……

  • #12164 返信

    actor

    自分は実技1が80点前後で2が60点前後、ちょうど7割ぐらいで、当落線上という感じでした。

    実技2の舘野の雲頂高度が810ではなく800hPaなのが納得出来ない以外は採点に疑問はありません。
    自分は810と回答し、上記書き込みの解答速報でも810hPaだったので···
    お時間ある方は問題用紙も公開されたので是非チェックしてみてください

    そこで部分点貰えるといいんですけど·····

    • #12166 返信

      masuo

      皆様

      実技の配点の質問に回答いただきありがとうございました。

      今回初受験だったので公式解答が合格発表前に出ること知らず、さっき配点を確認しました。
      論述と作図の配点が想定より低く、若干想定より高い点になりそうでよかったです。

      actorさん
      僕も810と解答して、今図を見ても810にしか見えないですね
      どちらも正解にしていないのはちょっとん?って思うところはありますね

    • #12169 返信

      まどか

      この問題、引っかけかなぁと思っております。逆転層の下層を求めるのではなく、雲頂を求めることになっています。過去の問題で、エマグラムでの湿潤の判断は、湿数6℃が境であったと記憶しております。
      そうすると、それを超えるのは800hPaになるのではと考えております。

  • #12165 返信

    Kotsume

    北上大様
    初めて掲示板を利用させていただきます。
    10年ぶり4回目の気象予報士試験を受験しました。
    前回受験は学生時代、1回目で学科クリアも実技が穴埋め以外ほぼ意味不明で話にならず、就職してからは勉強する余裕がなくあきらめていました。
    今年度、就職当時の初心を振り返り、今一度挑戦しようと思い立ちました。
    10年前のストックが多少あるので、こちらのサイトを利用させていただきひたすら過去問を解きながら改めて知識固めを行いました。
    本日公開された気象業務支援センターの解答で自己採点した限りでは、学科は合格しているはずです。
    実技は採点基準もわからず、問題用紙に自分の解答を書き写す余裕もなかったのでどれほど得点できているのかわかりません。
    整数値で答えるような問題は天気図等の読み取り誤差で四捨五入がずれて模範解答と異なる解答になったものもありバツになると悲しいと思いつつ、そういった精度も込みで正しく解答することを求められているのだとすると、今回も不合格なような気がしています。
    ただ、10年前と違ってすべての解答を書くことはできました。
    今回ダメでも、北上大様の実技解説を見させていただくことでかなりできるようにはなっている、ということを実感しています。
    わたしの教科書は一般気象学と気象庁HPだけでしたが、第53回試験に向けて、ひきつづき利用させていただきたいと思います。

    • #12168 返信

      北上大
      キーマスター

      Kotsumeさん、コメントありがとうございます。

      10年前とは言え、若い学生時代の学習は強く脳に刻まれていると思いますよ。
      仮に、今回残念だったとしても、次回はクリアできると思います。
      頑張ってください。

  • #12170 返信

    actor

    湿数6度以上の場所も805hpaぐらいにみえるんで800でも810でもいいと思うんですけどね
    まぁ、合格発表までどきまぎしてまつしかないですね
    みなさんお疲れ様でした!

返信先: めざてんカフェ52
あなたの情報: