Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/vst/kishoyohoshi.com/public_html/wp-content/plugins/styles/classes/csstidy/class.csstidy.php on line 854

一般知識 台風と温度風 7/15のメール講座

はじめに フォーラム めざてん掲示板 一般知識 台風と温度風 7/15のメール講座

  • このトピックは空です。
1件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #30877 返信
      ダイ
      ゲスト

      ひょっとして全く理解してないアホな疑問かもしれませんが、
      7月15日のメール 「一般知識 台風と温度風」 

      を見ましたが、アホな私は純粋物理的なことは別として、
      「北半球の自由大気」みたいな現実的な表現もあるところから、
      鉛直方向の気温減率から単純に
      4.高度が高くなるほど気温が低くなる
      を選択してしまうだろうな。と感じました。
      純粋に温度風の関係のみから考えろということでしょうけど
      ちょっと無理があるなと感じたのは私だけでしょうか?

      最初から台風の問題というなら暖気核のこともあって複雑すぎますしね。
      上ほど高くなるも正解かもしれないなんて・・・

      まあ問題を批判してはいけないということでしょうね。

      すみません、独り言でした。

    • #30879 返信
      かず
      ゲスト

      問題や解答例を批判してはいけないということはないでしょう。批判すべきものは、大いに批判すべきと思います。あまり練れていない、チェックの甘い、ひどい例もセンターの発表には多くあります。
      ただ、この問題に関しては、風速が「高度が高くなるほど小さくなる」ことの要因を問うているので、「高度が高くなるほど気温が低くなる」はその理由にはなりえないでしょう。

1件の返信スレッドを表示中
返信先: 一般知識 台風と温度風 7/15のメール講座
あなたの情報: